ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボンホルム島の食料品店

木曜日は定休日。
金曜、土曜、日曜、月祝日と、森文香さんの染織展「糸暦」開催中です。
文香さんは、土曜と最終日に在廊くださいます。
最終日は16時(午後4時)までですので、お間違えありませんように。。。
ご来廊、お待ちいたしております!


+++

デンマークの今回の旅。
時系列的?に綴るのは多分続かないので・・
断片的に、思いついたときに。。

今日は、私が世界で(大げさですが、今のところ、ほんとう)一番好きな食料品店のお話。

それは、デンマーク、ボンホルム島のSvanekeという美しい街にあります。

Svaneke Købmandshandelという、
その名も「スヴァネケ食料品店」というまんまの名前です。

1836年から営業しているこのお店。
観光シーズンの夏のみに開いているのかな?と思ったら、ちゃんと通年で開いていました。
つまり、地元の人のための日々のお店、なんですね。
それがまず、びっくり。
だって、調度品とかお店の広さ(狭さ)とか、効率など考えていない風なんですもの。


240413b


乾物、調味料、ドリンク、紅茶、お菓子、
ボンホルム島特製の菜種油やライ麦クラッカー、
缶詰、瓶詰、せっけんなどの日用品・・などなどが、
私の子供のころ、ぎりぎりあった食料品店のような配置のまま
(しかもおしゃれに)並んでいます。


240413d


økoはエコのこと。
日本的には、オーガニック食品といったところですね。


240413f


旅先での買い物なので、持ち帰りを考えてあれもこれも買えないのですが、
こうして写真を見てみると、この瓶から杏とか買ってみたい!
ナッツも量り売りしてもらいたい~
と、またもや訪ねたくなってしまいます。。。


240413q


何気に私のことを覚えていてくださっていたお店の人。
写真もどうぞ!と快く撮らせてくださっていると、親子のお客様。
オーガニックの卵を買いにいらしていました。

そのうち、あれ?ものすごーい音とともに、ものすごーいよい香りが・・・


240413e


どーーんと置かれてあったミル。
コーヒー豆を挽いてもらっていたのでした。


240413g


私、このお店では、いつもオリジナルブレンドの紅茶を求めていました。
コーヒーがあったなんて!

親子のお客様が帰られたあと、私もコーヒー豆を!
と伝えると、店員さん、とっても素敵な笑顔で
「いい豆があるのよーーー」
と言って、業務用の豆袋を取り出し、中の豆を見せながら、
「う~む・・・」と香りを一杯に嗅ぐのでした。。
ほんとうによい香り。
そして、そのうれしそうな姿に、私までうれしくなって。。。

ミルの稼働をもう一回見たかったけれど、我慢して豆のままいただいてきました。


240413c


お会計は、いつも手書きのレシート。
うれしいなぁ。
(前回の記事を読んだら、旧型のガチャンガチャン式レジだった、
と書いてありましたねー。
そういえば、いつもどちらか、でしたっけ)


:::


というわけで、この週末の窓辺カフェでは、ご希望でこの豆でコーヒーをお出しします。
ホンマユミコに淹れてもらって、先日試飲しましたけれど、
オーガニックの豆で、すっきりさっぱりとした味わい。
もちろんデンマークで豆が収穫できるわけではありませんが、
このお店の「気分」をお届けできたらと。。。

あ、お砂糖付き!と希望されましたら、かわいい包みの角砂糖もお付けしますね。

(豆、砂糖ともに無くなり次第終了、となります。。)

ケーキは鴨川の夏みかんジューシーケーキ。
もちろん、紅茶のご用意もあります。


:::

240413i


紅茶もこのようにして量り売りしています。
ずっと以前はたくさん購入していたのですが、TE HANDELさんの紅茶を扱うようになってからは、
独特なブレンドのものだけ少し求めるようになりました。
おいしさ、共通なのです。

:::

以前、夏に訪ねた時の記録がブログ☆に残っています。
ちょっと、アイスクリーム食べ過ぎ!で恥ずかしいですが・・・
(もちろん、今回も訪ねましたが、こちらはお休みでした!)

PageTop

実生園

230413d

藤が咲きました。
何年目でしょうか。
ウッドデッキの日よけに、と尚さんが植えてから5,6年は経ったかな。
もともと庭に生えてきた実生の株。
咲かないのかな、なんて思っていましたけれど、時が熟して美しい藤房を揺らせてくれました。


230413b

我が家の入り口の榎。
これも火事になった以降に生えてきた実生のもの。
14年くらいでしょうか。
威風堂々とした佇まいです。

ここで暮らすようになってから、バラを随分がんばって育てたときもありましたけれど、
結局ずっと居ませんので、なかなか思うようにゆかず。。。
手もかけずに、実生のものの生長を楽しませてもらっている、というわけです。


230413a

桑は強いですね。
あちらこちらに。
その中でも、地元では「イチゴ桑」と呼ぶ、実の大きなおいしい桑も、
我が家の実生園にやってきてくれました。


230413c

このカラーは、たぶん30年以上も前、前にお住まいだった方が植えたのでしょう。
以前は小さな池のほとりにあったのですが、
火事のあとに地ならしをしたときに、球根?が動いたのでしょうか?
家屋ぎりぎりの場所に、窮屈そうに生えています。
でも、きっと、ここが居心地いいんだよね。

柏やアブラコシ、アケビにサルトリイバラ、棕櫚に柿に夏みかん。
実生園、なかなか味わい深いです。

夏みかん、ヒナタノオト分は、ご近所の方に出荷用を分けていただきました。
安心、おいしい夏みかんです。

PageTop

花カベが届きました

菅原博之さんより、花カベが届きました。

今回は4つの樹種からお選びいただけます。
左から、カエデ・ナラ・サクラ・ウォールナット。

1130422-1.jpg

春のお散歩で摘んできたような
小さなグリーン1本でも、楽しく飾れます。

下の大きめタイプは、トチ・クリ・サクラ・ウォールナットです。

(テヅカ記)

PageTop

今週末の窓辺カフェ

千葉県の鴨川から夏蜜柑が届きました。

夏みかん-1

今週末の窓辺カフェは、この夏蜜柑の皮と果汁を使って『オレンジケーキ」を作ります。

夏みかん-2

初夏の味をお楽しみに~
4月27日(土)、4月28日(日)とお待ちしています。

(ホンマ記)

PageTop

糸暦開催中

森文香さんの染織展「糸暦」、今週も開催中です。
日曜日は寒くて暖房を入れるくらいでしたね。
今週になった、穏やかな春の日が続くでしょうか。

作品は各1点から3点ずつあって、どれも文香さんならではでありながら、
雰囲気がそれぞれ異なっているのです。

異なるものの調和が、まるで素朴なお庭や雑木山のよう!
その中から選ばれる布も、見事に選ばれる方によって異なるのが不思議です。

現在「言祝ぎの季節」はお客様のご好意で展示のみとなっていますが、
ほかは、種々お選びいただける内容となっています。
季節の恵みをまとうように、いろいろ巻き巻き、お楽しみください。


220413a

もりのにわさんのパンもやってきました。
もりのにわさんのホームページも新しくなって。
春は「新しい」がよく似合う季節!ですね。

PageTop

糸暦二日目へ、そして私的つぶやき

画像追加しました


森文香さんの作品展、初日ひらきました。
ヒナタノオト奥の空間をのびのびと、
言葉と響きあった布が気持ちよさそうにしてくれています。
文香さん、ほんとうによい時間を過ごされてきたのですね。
どの布をみても、「すてき!」を超えた、なんだか澄んだよい気が流れているようです。
明日「森文香さん」としては最後の作家の日!
皆様、どうぞ「森さん」に会いにきてくださいね!

:::

今日は夜、スウェーデン在住のお友達(って言っていいよね)マツバラヒロコさんが
夫君のハンスさんと一緒に来てくださいました。


KeitoさんとMOORITさんで、
「ノールビンドニング」という手編みのワークショップを無事終了されて、
今日は3人で打ち上げ?
お気に入りのベルギービールのお店ブラッスリー ル・プティヴィラージュ
楽しいひと時を過ごしました。



スウェーデン人のハンスさんとはあまり言葉は通じないのですが、
なんだか心が通じるのが不思議。
北欧から帰ったばかりですが、かの地のほっこりした気持ちを
またまた味わったひとときでした。
あ、おふたりとも、ビール、お食事大満足!されていましたよ。
「日本で食べる食事はどれもおいしいけれど、このおいしさは格が違う!」
とハンスさんでした。

ヒロコさんとは、長い目であれこれご一緒しましょうね!
とお話し中。
秋には手芸雑誌にも登場される予定ですので、またあらためてご紹介しますね。
今回はスナップ写真で。。

200413a

「ノールビンドニング」とは、針と結合というような意味。
(まいちゃんの、のおるもおる の針の先の針のノールと一緒ですね)

一本の木や角で作った針で編んでいく技法です。

ちなみにヒロコさん愛用のノールは、ハンスさんのお手製の木製!


200413aa


北欧では昔昔々はこの方法かフェルト化だけで手袋を作っていたそうですが、
かぎ針、棒編みができてからは、すっかりすたれてしまって、
スウェーデンでもできる人はそう多くないそうです。

編み図もいらず、慣れてしまえばこの方がずっと楽!とヒロコさん。
靴下、ミトン、とたくさん編んでいましたよ。
また、詳しくご紹介しますね。


200413cc


(以前、夏にお訪ねしたダーラナの写真も、いいショットいっぱいなのです。
これもご紹介せねば。。。)


200413dd


200413ee


プレゼントくださったのがこの本!
ボンホルム島の図案のクロスステッチの本なんです!!
見つけた時、すぐに私のことを思い浮かべてくださったそうで。。。
タックス ミッケ!(スウェ語のありがとう)


ところで、ヒロコさん、本職?はアンティクショップのオーナーさんでもあるのです。
もともとプリントのテキスタイルのお仕事を日本でバリバリにやっていた方ですが、
スウェーデンのかわいいものの目利きさんです。
すてきなwebshopもなさっていますので、ぜひご覧くださいね。

happysweeden


:::

明日は、「ヒミツ」さんがやってきます!
セイキロスの石碑さんと出会った報告を!
みなさんにも、報告しないとですね!

:::

以下は、イナガキの私的つぶやき、ツラツラですので、
ご興味のある方のみで、どうぞ。。。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。