FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

舞良さんの布

230210w

貝のシリーズ。
少し数が減りましたけれど、まだ素敵な作品がいくつも。
ジレ(ベスト)のようにまとった画像を撮りたいです。

230210q

うんと撚りがかかった絹糸のタピストリー。
舞良さんも特にお気に入りのものと。
吹く抜けにもすてきなファイバーアートになりますし、
透けてよい場所のスクリーンにも。

230210x

ちょっと小ぶりのシルク×コットンのこのタイプも人気があります。
濃いブルー系はsold out。
淡い色の輝きでお顔映りが明るくなりますよ。

230210z


こちらは、撚りがまったくかかっていない糸を部分的に使ったもの。
ピンと張った絹糸の光沢がハレの場でもオーラを感じさせてくれます。
そして、意外なことに、大胆なまでにくしゅくしゅに使ってもいいんです。
撚りのない糸のせいもあって、形状記憶のように、すぐに皺が戻ります。
(ワタクシ、夏のデンマークでレストランでのディナーにも、
リュックでヒッチ(は、しないけれど)気分の移動でも愛用しました)

230210y

姿も頭脳もスマートな舞良さん。
二日間の在廊では、愛用くださる方々との出会いや、
会場で皆さんがすてきにまとってくださる様子に
立ち会えて、とってもうれしい刺激を得られたようです。
笑顔で岩手に戻られましたけれど、また、上京の折には
ヒナタノオトに寄ってくださいますので、
きっと皆様にもお会いいただけることでしょう。

そうそう、
Ayaさん huiziさん が、
すてきなレポートをしてくださったので、リンクさせていただきます。

PageTop