ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

台湾甘味

台北で一番おいしかったもの。。


200110i

お汁粉に揚げパンが入ったもの。

私たちが泊まった宿から歩いて5分ほどにある市場。
永楽商場。
この界隈を迪化街(ティーホワチェ)と言って、
アメ横と河童橋と薬問屋街の合わさったような活気がありました。。


200110hh

ベジタリアンの私としては、豚足や豚さんの耳、
かごの中の鶏と、正面には籠が要らなくなった鶏、、などなど
刺激の強いシーンの連続で画像撮れず。
(あ、今回はイオス君は持っていかずにすべてiphoneでさくっと。。)
でも、これはなかなか美しくてパシャ。

200110l


そして、お気に入りになって通ってしまったのが、
市場にあったお店、古早味杏仁露。

200110g

夫婦+娘さんで商っているお店。
しっかりもののお母さんの手際のよさと
一見無愛想だけれど、なかなか温かみのある様子にほっこリ。

これは、手前が白小豆、奥が小豆の鍋。
それに好みでお糯のよなものや、揚げパンを入れてもらいます。
甘すぎず、お汁粉具合がなんともおいしかったです。

200110j


でもこのお店のメインは杏仁のもよう。
で、しっかりこちらもオーダーしました。
所謂杏仁豆腐に氷とシロップが載っているもの。
真冬というのに、他の地元のお客さんは、この氷を食べている人が多かったです。
(これに、小豆や緑豆の炊いたのなどなどを載せている人が多かったなぁ)

200110jj


:::

こちらは、N氏と散歩中に入ったお店。
古早味豆花

200110b

私はこの豆腐に芋を温かい蜜に入れたもの。

お茶だけ飲みたかったN氏は、希望かなわず、豆乳のみ。
(これがおいしかったのですが)

200110c

ほかにも、仙草というちょっと苦味のある汁をベースにしたデザートも食し。。

200110mm

季節がはずれていたので、マンゴーアイスはなかったけれど、
甘いもの(と言ってもそんなに甘くなく)関係、大満足の旅でありました。

:::

今回、ちゃんとしたレストラン、屋台、とどちらに行きました。
N氏は超庶民なお食事を試したい派なので、屋台を満喫していましたが、
私は肉は食べられないし、おなかを壊すにはなぁ、とためらいがあったり。。

でも、いろいろ歩いているうちに、屋台ぽいけれど、
水場を確保しているお店は、いい感じだなぁと思ってきました。
↑の古早味杏仁露などが、まさにそれ。
お水じゃぶじゃぶ使って洗い物をしているのは、なんだか気持ちよかったです。

驚いたのは、N氏が食べた「素食」。
これって、ベジタリアンフーズなのですね。
肉の臓物系を食べたくって、それらしきものを見つけてオーダーしたN氏。
食べ終わって私に言うのです。
「今食べたの、全部肉じゃなかった。」
と。。
どうみてもリアルホルモン、って感じでしたけれど。。
(そうまでして大豆を使って作らなくても、、と思うのですが。
でも、おいしかったそうです!)

そして屋台での食事。
器にビニル袋を載せてあって、それに食事が盛られているのです。。
WHY??
N氏いわく、「器を洗わないで済むからでしょ。」

なるほどなるほど。。。
やっぱり私は遠慮しておこうかなぁ~。。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。