FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

冬至の宵に

231209g

一足先にクリスマスディナー。
ヒュッゲの夕べ。

ライ麦パンにいろいろチーズ。
サラダにサーモン、かぼちゃのグラタン、ぽろねぎスープ。
あれもこれも食べたのに、しっかり締めは、ブッシュドノエル。
ヒナタノオト茶菓部(ホンマフサイ)手製の
懐かしのバタークリームのおいしさよ。

ヒュッゲのゆうべをご一緒したのは、ある作家さん一家。

:::

ものをつくることについて語り合うことは、
とても有意義な時間です。

観念論はつまらない。
ものづくりで食べているひと、
そして、それを紹介することを生業としている身で、
具体的に、真剣に、対等に話しができることこそ、
喜びです。
(ちょっとしんどいことも含めて)

とても魅力ある作り手、そしてまだ定まらずに揺れている作り手に、
自分がいったい何を投げかけられるのだろう。

いや、言葉(それはココロ、とも言う)を交わしあいながら、
私自身がきっと先に進ませてもらっている。
熟す方向に動かしてもらっている、きっと。

いいと思う作品をただ紹介するだけなら簡単だろう。
それをどのように実らせていけるのか。
作り手の仕事を、どうつなげていけるのか。

始めましょう、というのは易し。
けれど長く響き合っていくためには、
お互いが整えていかなければならないこともある。


笑って、しゃべって、考えて。
おなかはいっぱい、気持もいっぱい。
見つからない答えは、お互いゆっくり探していきましょう。
自分の仕事をうす汚さずに、けれど孤高にならないように。


:::

4時から始めたヒュッゲの夕べ。
気づけばあっという間の10時でした。
ヒナタノオト。
ときどき密かに?こんな時間が流れています。

PageTop