FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

6月のヒナタノオト

日差しに、風に、光に、初夏を実感しますね。

6月のヒナタノオトは、常設作家の新作に加えて、
二つの企画をご用意しました。


7日(木)~「多肉植物+グラス+酒器」

多肉植物は、サボテンの第一人者“カクタス長田”より、
お母さんになったばかりの長田恵さんセレクトによる、
赤ちゃんの頬っぺのようにぷりぷりしたものを。
ほかに父の日・夏の日に向けての手仕事をご提案します。
多肉植物は6月いっぱい行います。
会期途中なんどか追加をする予定です。


13日(水)~「染め織りのバッグと袋もの」
現在ご案内しているstyle craft と薄井ゆかりさんのバッグに加え、
伊澤明子さん(草木染・手織り)、国府田喜代恵さん(ろうけつ染め)
所佐智さん(裂織)、Wrap Around R.(着物再生)による布のバッグや袋物が届きます。

:::

6月には、暦の上で大きなできごとが。
夏至。
日が長くなり、夜が短くなるこの季節。
好きな季語に「短夜」(みじかよ)があります。

さて、日本の短夜も素敵ですが、今年はデンマークの
短夜を体験してきます。

夏至祭。
サンクトハンス、と呼ばれるこのお祭りは、
ひとときの夏を謳歌する北欧の人たちにとって、
名残の祭りなのでしょうか。
夜通し火を焚いて、hyggeligなひとときを過ごすのです。

16回目にして初めての夏至祭。
只今執筆中のデンマークの本の中でも、ご紹介したいと思っています。

PageTop