ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

陶磁とガラス

011209c

萩原千春さんのキャンドルスタンドと
朋子さんのツリーを想わせる陶の置物。

キャンドルホルダーは、日本では難しいかなぁと思いながら、
千春さんにお願いしてみました。
今回、雪を思わせるネージュと名付けられた釉薬での制作。
かたちとぴったり合って、静かな存在感が美しく、
次々にお選びいただいています。
正直、ちょっと、うれしいびっくりです。

朋子さんのツリーは、開催4日間で人気第一位!でしょうか。
皆さんうれしい迷い!の表情でお選びくださっています。
たくさん作ってくださったので、まだ数点あります。
朋子さんから追加があったりしたら、うれしいのですけれど!
(と、おねだりでしてみたり。。) → やはり無理でした。スミマセン。

051209b

萩原千春さんのこども両手マグ。
用途はもちろん、そのかたちの愛らしさがオトナのハートにも響きます。
今回は3色揃って。。


051209a

隣には、JUNIOさんのミニボトル。
色々な色!のミニボトルは、一本でも、
そして、色を組み合わせてディスプレイをしてみると、
新鮮な片隅が出現。
そう、片隅(かたすみ)美化、楽しんでみませんか。

051209i

雫。
しずく。
こちらもJUNIO作。

モミの木や赤い実、ふわふわの綿や金色銀色のベル。
クリスマスのシーンにこんな透明感あるしずくを取り入れてみても、
暮らしの「片隅」が際立ってきます、きっと。

:::

021209a

千春さん、朋子さんからの作品の荷に添えられていた贈り物。
3。

オープンのときは、まだ萩原家は2、でしたけれど、
今は、3。
shinちゃんが誕生して、幸せな萩原家から、
心のこもったお祝いを頂戴しました。

今回、思いもかけずに作り手の方々から
お手紙や戴き物をしてしまいましたが、
何がうれしくて、ありがたかったかと言えば、
ちいさな場所の3周年を、わがことのように想って、
ともに喜んでくださる方がいるんだぁ、と気付かされたこと。

共感、共有できる喜び。
ありがたくかみしめて。
そして、それがこのささやかな場所に
きっとまた何かを灯していくような気がしています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。