FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

近況

galleryらふとでの、中本純也さんと理詠さんの焼き物と、
城森慶さんの織物展は明日日曜日で終了。

工房からの風の準備とらふと展で私はここのところ
ニッケにいることが多かったのですが、今日はヒナタノオトへ。
久しぶりの真以(まい)ちゃんとふたりでしたから、
秋もののhyggelige撮影をとカメラ持参。
が、コンパクトフラッシュを忘れるという失態を。
まいちゃんの撮影は、明日、市川でとあいなりました。

:::

午前中は、某美術大工芸科の4年生おふたりと面談。
来年2月の卒展のお手伝いをすることになるかもしれません。
ものをつくることを仕事にするということ。
それはたやすいことではないけれど、難しいということを述べる前に、
その仕事の本質が持つ幸福を、どれだけ伝えることができるんだろう。
眩しい学生さんを前にして、自分こそがさまざま問われている気がしました。

:::

学生、といえば、夫N氏を中心としたトカラのホームページを、
東大の文化人類学の学生さんが作ってくれました。
それによると、N氏、生きながらにしてアカデミズムの研究対象なのだそうであります。
なんのこっちゃ?ではありますが、一筋縄ではいかない、ということでしょうか。
22歳で学問・書物から一番遠くにありたい、と思って生きてきたのに、
今や読書の虫と化し、自らが研究されているとは、おかしな巡り合わせです。

今日は、ガラさんで「ナオの南風(はえ)語り」の4回目があり、
ほんとうは透明人間になって、聴講したいのですが、
ヒナタノオトを休むわけにいかずに、今回も行くこと叶わず。

エントリーしたいことの10分の一も書けていませんねー。
記録としてメモすればいいのかとも思うのですが、
お店のブログですし。。
(といって、猫帖とかしていますけれど)

でも、おかげさまでホンマ、ウサ村さんともども、元気にしております。
(アカスケとむーちゃんも!)
工房からの風も、もうすぐ、です。
どちらの会でもお会いできますことを!

PageTop