FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

萩原千春展、展示完了

040909a

明日からの萩原千春陶磁器展。
展示が完了しました。

新色sakuraは、試作よりも少し乳白色を帯びていて、
サクラ・オ・レ、という感じもしていて、とってもやさしく素敵な器になっていました。
華やかだけれど、他の色の器ともすっとなじむ、協調性!のあるsakuraです。

そうそう、sakuraといえば、8月20日発行の花sakuでは、
千春さんのお仕事をご紹介しました。
こちらで、記事をお読みいただけますので、
展覧会の前に「予習」?いただいても(笑)。。

今回、sakuraのほかは、秋冬に向かいこともあるので、
特に陶器が充実しています。
土の上にうっすら被った浅い雪のような表情の「ネージュ」。
こっくりとした茶味のあるグリーンの「オリーブ」。
熟した柿の果肉のような色合いの「柿釉」。
もちろん、青磁、白磁、ハチミツ色など磁器もたっぷり。
300点を超える力作が揃っています!

形として新しい作品は、味噌甕。
1kgほどを保存する清潔感のある白磁で作られています。
これは、私たちのリクエスト。
味噌を仕込む方々、いろいろご意見お聞かせください!

他には中国茶用の小ぶりのもの。
ふたもの、いろいろ。
ご飯茶碗や丼、お皿もさまざまに。

改装なった新しい空間。
千春さんもとても気に入ってくださいました。
今までよりも少し伸び伸びご覧いただければ、と思います。
作者は、明日、5(土)のほか、6(日)・7(月)・11(金)・13(日)と在廊します。
あたたかなお茶時間が恋しくなる季節。
ヒナタノオトでお待ちいたしております。

:::

画像、撮ろうと思ったら、早薄暗く。。
ずいぶん夕べが早く訪れるようになりましたね。
秋だなぁ。。と

明日はきっと画像アップします!

PageTop