ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7月16日第2日目

デンマークは主に4つの地方があります。
首都のあるコペンハーゲンは、シェラン島という島の中。
その東側、ほとんどスウェーデンに近いのが、ボンホルム島。
アンデルセンが生まれたオーデンセがあるのは、シェランの西側でフュン島。
ドイツと陸続きになっている、もっとも西側がユラン半島。(ユトランド半島)。

今回コペンハーゲンからまず向かったのは、エベルトフトという小さな古い町。
ユラン半島にあって、風光明媚な観光地でもあります。
コペンハーゲン中央駅から数駅のvalbyから長距離バスで3時間かけて向かいました。
(途中、バスから降りて、フェリーで海を渡ります。)

国際的にも有名なガラスミュージアムもあります。
私が訪ねたときには、チェコのガラス展を行っていました。

ご縁があって、館長さん(女性)のお住まいにお招きいただいて、ディナーをごちそうになりました。
取材用にたくさん撮影をさせていただいたのですが、ちょっとハネた画像で恐縮ですが、
ほんの少しこちらでも。

220709c

ハマスホイの絵のような室内に光が渡って。




130809e

広大な敷地。お庭では野菜と花を。




130809f

みなさーん、ごはんですよー!




130809h

テーブルセッティング。
この明るさで午後7時。
お料理は、おいしいお肉、のようでした。(ヤイ エア ヴェジター、 I am vegetarian・・・)
あ、ポテトにダンスク伝統的なソースは、ほんとうにおいしかったです。




130809g

8時を過ぎて、少し夕べの日差し。




職場で生き生きと働く姿と、自宅で家族とくつろぐ姿。
そのどちらもが、人生を謳歌していて、
デンマーク人のある一面を豊かに感じさせていただきました。

この翌日からご夫妻で3週間のバカンスへ。
1週間の休みをきゅうきゅうとしている日本人(私)に、
このデンマークの人たちの時間の過ごし方は、ずいぶん刺激を与えてくれるのでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。