ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

着火

雷。
わが人生で一番「ピカリ!」としました。
みなさま、その時、どちらにいらっしゃいましたか?

私はらふとの中。
神社ビューの大きな窓越しに、ピカリ。
その瞬間、お庭に住み着いてる猫(新入りの茶ぶち)が
ビョーンと飛び上がりました。
猫って、あんなにジャンプできるのですね。

夕立のような雨音の中、らふとの中には、5人。
らふと=raft=いかだ。
乗り合わせたメンバーで、こっくりとお話しが進みました。
今の生活様式の中で定番で着たい服。
畳の暮らしではない、日本人の服。

デンマークの野外民俗博物館で働いている人が
着ていた服が忘れられません。

居合わせた人たちのそれぞれの服観。
響き合ったそれらを、かたちにしようと。
来年の梅春には、ヒナタノオトでご紹介できるように。

ピカリ!
は、私たちに火をつけてくれたもよう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。