FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

週末のヒナタノオト

松下純子さんのおあつらえ展には、
たくさんのご来店をありがとうございました。
純子さんにお会いいただいた方、一様に「お若いんですね~」と。
着物再生、ということで、少し年配の方を思っていらしたのでしょうか。
1974年生まれの感覚でのものづくり。
これからますます、お仕事が深く、冴えていかれる予感がします。
また、ぜひ、ヒナタノオトで、そして大阪、空堀(からほり)で、
純子さんにもお会いいただきたいと思います。

・・・大切なお着物や反物をお預かりさせていただきましたお客様。
仕立て上がりしだいご連絡させていただきます。
どうぞお楽しみに!お待ちくださいますように。。お願いいたします。

:::

春色のヒナタノオトには、先週からの金井啓さん、山崎美和さん、
橋本薫さんからなど、春を楽しむ陶磁器のほか、
今日は萩原千春さんからもカップが到着しています。
また、kinoworkshopさんの完売でした木のパン皿、お盆も到着しています。
マグルミ、オニグルミ、ブラックウォールナット、タモ、キハダ。
お気に入りの木の表情、重み、お選びください。
上記の作品など、あらためて画像でもご紹介できますことを。。。

:::

200309a
まいちゃんからは、hyggelig(ヒュッゲリー)のフレアースカートの春色。
紳士服地のウール。(この色で紳士服ってすごいですよね。。でも、いい生地です。。)
舞良雅子(もうりょうまさこ)さんから届いた「モナカストール」とぴったりの色でした。

200309b
くるみボタンとチクチク手縫いはこんな感じです。

200309c

後藤紀子さんからは、冬に好評だった格子のストールを、シルクと梳毛(そもう)糸にかえて、
春の感触で。

200309d

まず、2タイプやってきました。
はる、ですね!

200309e

まいちゃん、ほかにもジャンパースカートや、リネンのチュニック、パンツ、、などを。
明日土曜日は、ホンマユミコとともに、ヒナタノオトにおります。
(日曜日は、ホンマユミコとイナガキサナエ(14時くらいから)がお迎えいたします)

:::

200309f

わたくし、すっかりお気に入りのボトルたち。
萩原朋子さんの陶器。
ジョルジョ・モランディの静物画を思わせる佇まい。
モランディのお話も、また今度。

PageTop