FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

曽宇窯の器

曽宇窯
橋本薫さんの器を少しご紹介します。

130309m

線香花火が描かれた小さな猪口型ゆのみ。
スタッフの某さんは、中国茶をここのところ楽しんでいるので、
それように欲しいなぁと。

130309n

こちらは一般的な大きさのソバチョコ。
一位。
イチイの木の葉っぱって、そうです、こんな感じです。
一位、ということで縁起をかついだ文様とのこと。

130309o

麦わら手と呼ばれる文様。
九谷の魅力のひとつに、五彩、がありますね。
赤・青・黄・緑・紫
私など、特にこの紫が入ると、なんとも九谷らしくって好みです。
古典的な文様ですが、華やかで飽きのこない柄ゆき。

130209m

チューリップも、なんとも粋な図案になっています。
エキゾチックだけれど、日本ならではの佇まい。

130309j

チューリップ、とくれば、次は桜ですね。

130309i

染付けに緑で桜を描くなんて!
粋です。
お皿、小鉢、ゆざまし(向う付にも)、ご飯茶碗。。
汲み出し碗にお茶を注げば、水底に桜がゆらぐよう。。

130309k

猫好きな薫さんならではの、虎の絵付け。
ネコ科ならではの動作、表情が闊達に描かれています。

130309h

130309l

ピーナッツ?
いえ、ひょうたんです。側面も含めて、6つ描かれています。
六瓢。(むびょう)
無病息災を願って描かれた文様なのです。

ほか、赤絵の鉢(わたしは冷やしのかけ蕎麦を盛りたいなぁ)などなど。。
お料理が品よく心楽しくなる器、ぜひヒナタノオトでご覧くださいませ。

PageTop