FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

松下純子さんのおあつらえ展について

松下純子(Wrap Around R.)の着物再構築 「おあつらえ展」
3/13(金)~16(月) の4日間

(店内奥の空間で展開しています。
手前の展示空間では、陶磁器・木工・ストールなど春の新作をご覧ください。)

080309b    080309a

:::

今回の展覧会。
4日間限定で、大阪から作者の松下純子さんに、
お客様と会場で交流いただこうと企画しました。

純子さんのお仕事は「着物再生」。
着物地を使って洋服にリフォームすることはよくありますが、
小さく切り刻まずに、着物巾を生かして今の服に作り変えるのが、
純子さんの提案です。
いずれ、その服をほどいても、着物巾が残っているように、、、と。

080309c

型紙いらずの着物リメイク・ドレス
―ほどいて、折って、まっすぐ縫うだけ! 」
という本を、河出書房新社から出版されてもいます。


:::

純子さんは、パターンを考案して、実際にミシンと手縫いで形にしていきます。
こうして作られ、形になった服の展示もいたします。
今回は、それに加えて、着物や反物をお持ちいただいたお客様には、
それに合わせたご提案もしましょうと。
そう、お誂え(おあつらえ)展。
(初めての試みです)

箪笥に眠ったままの着物や反物。
おばあちゃんが遺してくれたもの、、、、。
生かしたいんだけれど、どうしようかな~と思ったままのもの、
ありませんか。
純子さんにみていただくと、新しい息吹がふきこまれて、
きっと、愛着の服になると思います。

:::

新作のスカート2型と、ひらりパンツは、今回初お目見え。
ほかに純子さん定番のジャケットやジャンパースカートなども。
特にひらりパンツは、稲垣がお願いして作ってもらったもの。
バシバシ歩けるけれど、スカートのようにエレガントにも見えるように。。。
贅沢なお願いを叶えてくれて、うれしい!のです。

010309d

(ホンマユミコ苦心!! して撮ってくれました・・。
写真、、難しいのですが、実際はもっとスカートのように見えます。
これだとちょっとモンペさんみたいですが、全然そんな感じではないですよ。
着物の柄も実物の方がなんともかわいくて。。)
パンツをどんな風に作られるかな~と楽しみでしたけれど、
期待以上の出来上がり。。服に興味のある方でしたら、一見の価値あるパターンでした。
(ハキゴコチ満点です)

このパンツに関しては、お誂えのほか、コットン×リネンの生地で、
生成り、黒、茶の無地タイプも作っていただきます。

純子さんのhpはこちら → 
(純子さん、ほのぼのなんとも素敵な楽しい方ですから、ぜひお話ししてみてくださいね~。)

:::

会場はヒナタノオトの奥のスペース(シンクのあるところ)を中心に。
いつもどおりに開店時間内ご自由にご覧いただきます。
ご希望の方には、純子さんとのお見立ての時間の予約も承ります。
(03-5649-8048)

形になった服を見ていただいたり、お誂えのやりとりを。

桜、春を先取りした陶磁器なども届いたヒナタノオトで、ご来店をお待ちしています。

PageTop