FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

動物のいる風景

220209f

萩原朋子さんの展覧会、始まりました。
少しスナップ、お届けします。。

220209b

「西の調べ」
ちいさな花がそっとそこにあるように・・

220209a

「舟乗りの唄」
舟形の作品もいくつか。
水を張って、水面も楽しめます。

220209c

「古えの灯り」
手燭を思わせる姿。
キャンドルを乗せても、そのままでも美しく。

220209d

「古曲の瓶」
今回、動物のいない作品もありました。
けれど「物語」が広がるような瓶。
とても素敵です。

220209e

「時のバトン」
ホンマユミコ、さっと緑を添えて。
作品の物語の続きは、誰でも描けるように。

220209g

「路地裏のふたり」
複数の動物の関係性も心楽しく。
朋子さんの作品、全方位からぜひ鑑賞していただきたくて。。

220209h

「冬を駆ける」
画像ではわかりにくいのですが、大きな作品。
たっぷりとした作品は建築的にドラマチックな構成を感じます。

:::

動物といる風景。
マチガエルトこどもっぽくなりがちなモチーフを、
朋子さん独特な熟した世界で表現しています。

なんでだろうな、
っていつも思います。
言い過ぎない静かさ、余白感。
動物とボディーのバランスの妙。
そして、陶芸としての豊かさ。
そう、焼き物、としての美しさが朋子さんの創作世界の根っこにあるように感じます。

小品も入れて170余点が揃った力のこもった作品展。
ぜひお出かけくださいませ。

(上記画像ですでにお選びいただいているものもあります。
ご容赦ください。)

萩原朋子さんのhpはこちら → 

夫君の千春さんがブログで今展のご紹介をされています。 → 

PageTop