FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スナップ

130209c

今日は、後藤紀子さんが手持ちでショール2点を。
今季最終の格子のウールショール。
12月からやりとりを始めましたけれど、2点ずつ納めては、
すぐにお選びいただいて。
後藤さん、とっても励みになったようです。

いろいろ布づくりを模索されてきたけれど、鉱脈を探り当てたみたい。
後藤さんの特に優れているのは、色を見るちから。
絶対音感があるように、色味のとても鋭敏な人っていますね。

画像ではわかりにくいけれど、白っぽいところも、ベージュや白を実に微妙に変えています。
右の紫、左のターコイズ。
印象は似ていますが、人のからだに乗せると、さぁ~っと表情を変えてくれます。
お客様は後藤さんの細やかな色の才を思って選んでくださるのではないけれど、
ちゃんと布の魅力として伝わっていくのですね。
それって間にいる私たちにとっても、大きな喜びのひとつです。

もちろん魅力は色味だけではなくて、質感、風合いも。
首にまくだけではなく、羽織るとちょうど薄手のカーディガンのような温もりが。
持ち歩きにも重宝ですね。

130209b

後藤さんの布がかかっているのが、高橋朝子さんのショール掛け。
バイオリニストでもある、まいちゃんはすぐにわかりましたよ。
取っ手がバイオリンだって。。
かなり手の込んだ逸品ですね。
ぜひお近くでご覧になってみてください。

130209i

こちらは同じく朝子さんのオルゴール。
今季、朝子さんにリクエストして作っていただきました。
先に送っていただいた手回し式のものはすでになく、
今は届いたばかりのこちらのもの。
こびとさん、ぐるぐるぐるぐる回るのです。。

130209d

今までのヒナタノオトではご紹介できていなかった感じですが、絵付けの器。
金子佐知恵さん。
筆が奔っています。
(彫っている部分もあるので厳密に言えば筆だけではないのですが)
金子さんは絵がとてもうまい。
もっともっと、もっともっと描いてほしいです。
それと、そこはかとパラダイスな感じが、幸福感を与えてくれる器。
中鉢、中皿を依頼していますので、乞うご期待を。
現在はうんと大きな楕円鉢とこのお皿。
ご結婚のお祝いにも、きっとすてきです。。

130209k  130209j

こちらは金子さんの夫婦雛。
人形は顔がいのち。。
かわいらしいようで、なんともすうっといいおかお。

130209g

おひなさま。。。
にちなんで、、といいますか、春のお団子!
atatさんのストラップ。
あんまりにもかわいかったので、数日辛抱して私も購入させていただきました。
携帯に。。(あ、まだございますので。。)

130209h

三留司さんの作品。
あらためてちゃんとご紹介いたしますが、雰囲気を。。
繊細で大胆で美しい金属の仕事。

13

もう少し画像を撮りましたけれど、今日はこのへんで。
まいちゃんの新作の服も明日は加わる予定です。
では、明日土曜日は、いながきさなえ&まるやままいでお待ちしています!

PageTop