ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一田食堂

090209b

暮らしのおへそvol.7が出版されて、「おへそパーティー」なるものに、お呼ばれしてきました。
夫N氏と連れだって。
会場は、「一田食堂」です。

090209a

東京なのに、なんとも懐かしい佇まいの家。
清潔に整えられた座敷に、お料理が次々と・・・。
写真を撮るのは失礼かと思い、おなかとこころにたっぷりおいしさを納めてきました。

でも、おいしさのおすそ分け、思い出す限りのメニューを。
・いんげんとささみの和えもの
・トマトのざっくりマリネ
・タケノコと豚肉の煮付け
・キノコと柿の白和え
・パクチーのサラダ
・焼きネギとししとうの盛り合わせ
・しんなりニンジン
・アジのロール巻き
・野菜団子の天ぷら
う~ん、、お酒もまわってきて、かなり失念。。もっとたくさんありました。。
(↑の名前も私が勝手につけたもの。
ちなみに、N氏に尋ねれば「おいしかったという記憶以外に何の必要があろうか」ですって。
単に記憶力のモンダイかと思いますが・・)
そうそう、圧巻はユリ根団子のあんかけ添え

どれもが、9寸くらいの皿、鉢にたっぷり、けれど品よく(この加減も絶妙!)
盛り付けてあって、それを小皿にとっていただきました。
(大鉢ってやっぱりいいですね。
大人数ではないご家庭なら、7寸、8寸皿や鉢くらいでも活躍しますよ)

一田さん、お料理うますぎです。
こうして書きだすとシンプルなかんじですけれど、下ごしらえが丁寧で、
素材のうまみがとっても生かされたすこやかなお料理の数々。
わたしの大好きなお料理でした。

それにしても、前日から相当仕込みをされたことと思います。
そして、あと片づけも大変なことと。。
お仕事でモウレツにお忙しいでしょうに、こういう時間を作られていることに脱帽でした。
一田食堂、すばらしかったです。

お酒もたんといただいて、ほとんど初めてお会いする方々でしたけれど、
会話も楽しい時間でした。
N氏と終電に乗って母の家へ。

:::

N氏は一田さんとの出会いに加えて、
地球の歩き方の編集をされている青年と出会えたのもうれしかったみたい。
旅。
歩き続けるN氏は、かえって気軽に「旅」という単語を使えずに、タビとか書いていますが、
ともかく、旅をせずにはいられない人が発するすこやかさやためらいを感じながら、
おいしいおしゃべりをしていました。
一緒に来てもらってよかったな。

:::

お会いしたかったこの方や、なんと倉敷から来られたすてきなご夫妻ともお話ができて、
ゆっくりご縁が熟してゆけたら、、と。

意外と出不精で、人見知りな私(なのですよー)ですが、
こうしてお出かけもいいですね。
今度は「ヒナタパーティー」開きたくなりました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。