FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

パウゼな午後とヒュッゲの夕べ

アノニマ・スタジオさんでのイベント。
もっと先のことと思っているうちに、早、今週末です。。。

17名の方で「ヒュッゲの夕べ」を企画しましたら、46名もの方にご応募いただいたとのこと。
2名加わっていただき、19名での会としましたが、
それにしても申し訳なく、急きょ昼下がりにもう一回行わせていただくこととなったのでした。
(それでも、ごめんなさい、、の方がいらっしゃいますね。。。すみません、ほんとうに。。。
そして、ご応募、ありがとうございました!!)

お昼過ぎに「ヒュッゲの夕べ」というのも変だなぁと思っていましたら、
アノニマでイベントを担当くださるMさんが、素敵なタイトルをつけてくださいました。

「パウゼな午後」
うれしいですね~。本、読み込んでくださって。。。
と言うわけで、19名様+19名様・・・わわわ、
38名様分のご用意をあれやこれやと準備しています。

(多くが存じ上げない方ばかりでした。。
いつもはあがったりしない私ですが、あがったりして。。)

軽食付きですので器も使いますが、すべてを持ち込むのは無謀でしたので、
一部アノニマさんの白い器もお借りします。
けれど、グラスや、デザート皿、カトラリー、パンバスケットなどは持参して。
そしてキャンドルスタンド、燭台だけでも20個くらいパッキングしました。
(そんなに持っていたことをあらためて発見。キャンドル好きです。ほんとうに。。)

テーブルセッティングを構想しているうちに、絶対必要なものがありました。
なんでしょう。。。??
デンマークのダイニングやガーデンテーブルに必ずあったもの。
それも一緒に荷造りしました。

190109c

じゃ~ん。
はい、水差し。
日本人はお茶を飲む習慣がありますから、あまり使わないかもですが、
あちらではお水を飲むのに、テーブルによく載っています。

190109b

今回、萩原千春さんからすてきな水差しがいくつか届きましたので、
ちょっと撮影大会してみました。

190109e

お水はもちろん、牛乳やジュースが入っていたこともありました。
紙のパックのままじゃ、味気ないですものね。
190109h

ピッチャー、水差し。
もちろん、お花を生けてもいいですね。
ビズの最新号をたまたま見ていましたら、
梶みゆきさんがバラを生けていた器が見事に水差しばかりでした。
生けた草花のラインと取っ手のラインがなんとも映える感じです。

フェルメールの絵しかり、水差しは西洋の暮らしの雰囲気をぐっと演出してくれますね。
まさに、生活具、だったのだと思います。

日本人も、おいしく水を飲むようになりました。
食卓に水差し、いかがですか。
パウゼな午後とヒュッゲの夕べで、感じてもらえるかしら。。

190109a

わが家で愛用している榎本稔さんの陶器やデンマークの「とあるガラスのもの」も、
千春さんの水差しとともに持っていきますね。

PageTop