ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北欧の和み・本を巡って

北欧の和みに寄せて、の会期に合わせて、
ブログでブックレビューを書いてくださった方の
ご紹介をさせていただこうと思っていました。

ほんとうは本について質問や感想をいただいての
やりとりを展開したかったのですが、
どういう風にしたらいいかしらね~?
とウサ村さんやHPをお手伝いしてくれているUさんと話していたまま、
なんやかやと会期に突入してしまいました。
せっかくネットというツールがあるのですもの、
こういうものがなかったときには出来なかったコミュニケーションが出来たらいいねと。

と思うままに会期が過ぎていってしまいそう!
思うところあって調べものをしていましたら、このようなページを発見しました。

福岡の本屋さん「ブックスキューブリック」。
今週の売り上げベスト10に入れていただいておりました。
発売からやがて4ヶ月、しかもあまりご縁のない福岡で。
どんな方が手にとってくださったのでしょう。
とってもうれしくありがたいなぁと思いました。

そして、この本屋さん。
とってもすてきな本屋さんのようです。
こちら☆を読みますと、店主さんの考えや思いが伝わってきます。
そして店内の画像を拝見しても、心地よさそうな本屋さんです。
近所にあったら(いえ、そんなに近くなくっても行動範囲ならば)、
本との出合いに通ってしまいます、ぜったい。。。

このような本屋さんで、丁寧に取り扱っていただいているのだ、、と思うと、
なんとも、幸せな気持ちに満たされていきます。
(いつもはわたしが店主で、作家さんの作品をご紹介していますから、
反対の立場ですね。)
そして、どうしたらいいかなぁ、と妙にためらってばかりいないで、
本を巡るやりとり、動き出してみようと勇気をもらったような気持ちなのです。

私からも始めてみようと思いますが、もし何かアイデアやご提案、
ご希望がございましたら、メールフォームから、お聞かせください。
また、過去に、新たに、ブログやHPで記事エントリーしてくださった方も、ぜひお教えくださいね。

北欧の和み、を巡って、みなさんとの新しい扉、開きますことを。。。

:::

『うちでは取次店まかせの「配本」はほとんど受けていません。
15坪の小さな店でもあり、テイストの合わない本は一冊たりとも置きたくないんです。
業界用語でいう「平積み」、表紙を見せる「面陳」、棚に並べる「棚ざし」をうまく回転させることが店主の力量。
植物と同じで、手入れを怠るとすぐに枯れてしまいます。
農作業と同じ感覚なので、「棚を耕す」というふうに言っています。』

オーナーの大木実さんの言葉 (「論座」 2007年4月号より)

同じと言うのはおこがましいのですが、同じような気持ちでヒナタノオト、やっていました。
問屋さんから入ってくるものはいっさいなくて、
ここにあるのは、すべて作り手から直接届いたもの。
展示は細やかに動かして風を渡らせて。(それがとっても楽しいのです!)
ちょっとでも作品に対して気持ちが向いていないと、せっかくの作品が枯れてしまうように感じます。
農作業と同じ感覚、まさに耕す、気持ち。
なんだか、うれしいなぁ~。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。