ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ご応募ありがとうございました。

来月のアノニマスタジオでの出版イベント。
ほんとうにたくさんのご応募をいただきました。
ありがとうございます!!

17名の定員のところ、50名近くの方が。。。
(び、びっくり。。足りていなかったら友人にお願いしようかと、
真剣に心配だったので・・)
あまりに申し訳ないので、もう一回増やして行わせていただくことになりました。
抽選の結果はアノニマさんから届いていることと思います。
せっかくご応募いただきながら、お受けできなかった方には、
ほんとうに申し訳ないなぁ~。
どうしましょう。。。
う~む。。。
まずは会を行ってから、考えてみたいと思います!

:::

本が出て三か月後にイベント、というのも、ずいぶんゆっくりですが。。
ワタクシテキには、工房からの風があったりで、
出版直後にはとてもできなかったことがあります。
でも、気持ちとしては、このようにゆっくりさせていただけたこと、
感謝しています。

本。
本の魅力は、手元で何度も読み返すことができること。
知る、だけであれば、さまざまな方法がありますね。
けれど、たとえ内容を「知って」いても、
文章や言葉を綴った「本」を手にして、何度も味わうもの、
味わいたくなるものが、その魅力のひとつだと思っています。
私の本棚にも、そんな「本」が何冊もあって。

私の文章がそれを叶えている、、とはとても言えませんが、
そういう本でありたい、という気持ちを持って綴っていきました。
その文章を、編集の方たちが導いて、
デザイナーさんが文字や紙や装丁を整えてくださり、
そう、印刷所でも、びっくりするほど丁寧に丁寧に
色出しをしてくださいました。。。

北欧、デンマークのことを書きましたけれど、
北欧に関心のないひとにも読んでもらえたら。
編集の方たちとそんな思いを抱きながら、
「北欧の和み」が、かたちになりました。

かけがえのない場所。
幸福な時間。
こんな偶然があるから、人生っておもしろい。。などなど。。
そんなこんなを、もし、何度も読み返して味わってもらえたなら。。。
書き手としてこんなに幸せなことはありません。

:::

出版後、
住む。・ダヴィンチ・ソトコト・エルデコ
とブックレビューをいただきましたが、
あらたに、

自休自足
181208g

ビズ
181208h

リンカラン
181208kq

でご紹介くださいました。
丁寧にレビューを書いていただいています。
ありがとうございます!

:::

そうそう、一月のヒナタノオトでは、この本「北欧の和み」にちなんで、
15人近くの作家の方に作品を出品いただく予定です。
キャンドルスタンドや、木のパン皿、北欧の国旗からイメージしたバッグとかも。。。
こちらの下の方にスクロールしていただくと、インフォメーションしています。

冬の室内で、ゆっくりと本を開く時間。
そんなひとときに、工芸がともにある幸せを。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。