ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハンマースホイが描く「静謐」に出会う旅

200908a

「住む。」が届きました。

5月に渡ったデンマークでの取材頁。
「画家ハンマースホイが描く「静謐」に出会う旅」15頁。
うち、3年前にコペンで出会ったハンマースホイ研究者の健司さんの絵の解説が4頁あります。
ハンマースホイの絵って、どういうもの?
そんな関心をお持ちの方は、ハンマースホイ展を見る前に、ぜひお読みになることをお薦めします!
ヒナタノオトでも取り扱っています。

光に恵まれた5月のデンマーク。
ああ、また行きたいなぁ。
旅は一期一会。
あの日、あの時に過ごしたデンマークの時間。
取材だけれども、やっぱり、旅、でした。
予想を超えた出会いを重ねられて。。。
「静謐に出会う旅」。
頁をくくりながら、一緒に歩いてみませんか。

::::::

今日は弟の命日でした。
丸3年が経ちました。
日々の中で、つい、いろいろなことにぐるぐるになってしまったり、
凹んだりすることもあるけれど、
こうして生きているだけでも、すごいことなんだなぁ。
って思います。
亡くなった者のことを思うと。

そんな命日に、健司さんとのはじめての一緒の仕事が届いたのも、
何かの巡り合わせでしょうか。
デンマークでは、ほんとうに不思議でうれしい偶然にばかり出会ってきました。
別に名前なんて記号にすぎないのだから、ほんとうはどうでもいいことなのですけれど、
それでも、かの地で会った、弟とまったく同じ名前の青年と、ハマスホイの絵を通して交流できること。
こんな偶然も、人生の喜びのひとつに思うのです。

健司さんとの出会いも、「北欧の和み」の中で綴っています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。