ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真竹の買い物籠

記事追加しました。

・・・・・

サイズ、大としておりました私の使っているもの
(店頭で和紙の揉み紙を入れているもの)は、
特大とさせていただきます。
今回届いたものは、大と中となります。
特大は、来週制作完了予定です。

一点ずつ径や高さを微妙に変えてありますので、
店頭でお気に入りを見つけていただけましら!と思います。
         
                2/27日追記・・・・・・

:::

naote


稲垣尚友氏。
竹の買い物籠制作の佳境に入っております。


ヒナタノオトでお問い合わせいただくことが多いひとつに、
買い物籠があります。
私が4年半使った籠(手しごとを結ぶ庭に写真で写っているもの)
の大きさと、それより一回り小さなものを作っています。


お買い物には大振りがお薦め。
キャベツもまるごと入りますし、
牛乳やビールなどの重いものをいれてもへっちゃらです。
竹がしなって、重さを受け止めてくれるのですね。

でも普段のバッグとしてなら、小さい方かしら。
私の籠は、大柄な私でも、電車ではちょっとかさばる感じです。

材料は、籠に適した真竹を探して、裏山で切ってきます。
その青竹を晒さずに(今、ほとんどの産地では、苛性ソーダで油抜きをして、
最初から薄茶にしています)そのまま編みます。
ぷーんと爽やかな竹の匂いをしばらく楽しんで・・。
その後、使い込むほど、茶が艶めいて。

手のところには、ツヅラ藤を。
これも真冬に、工房から少し離れた山の北斜面を這うようにして、採集したもの。
これは、革のような艶になっていきます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。