FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

加護さん展

090608a


加護園さんの展覧会を、6/19(木)~29(日)に行います。

ご案内状を発送いたしましたが、もしご希望いただける場合はどうぞお申し付けください。
こちら★にも記しましたように、印刷枚数の関係上、
多くご来店くださるお客様に優先で送らせていただいておりますので、
お送りできていない場合もございます。その節はご容赦くださいませ。)

加護さんは最初の週の土日に在廊くださいます。
なんとも言い難い、豊かな方、、です。
作者から作品のお話を聞かれると、いっそうガラスへの扉が開かれるように思います。
ぜひお出かけくださいませ。

::::::::

先日、「手しごとを結ぶ庭」を読んでくださったご姉妹がいらっしゃいました。
とてもうれしかったです。


妹さんは、京都で「截金」(きりかね)をなさるお若い方でした。


截金は、雑誌などで江里佐代子(えり さよこ)さんのお仕事で少し触れた程度で
ほとんど知識がなかったのですが、木箱とガラスに表された美しいお仕事でした。

けれど、仏像など限られた世界でしかあまり展開されていないのですね。
なんとか、この美しい仕事を今の時代の中でつなげていこう、、
と取り組んでおられる姿に感じるものがありました。

まず、感じてみたい、知ってみたい、と思いました。

加護さんの金箔を使った作品には、截金と近い技法が使われているのかもしれません。
今度、うかがってみたいと思います。

::::

江里佐代子さん、昨年お亡くなりになられていたのでした。
きっと截金をされる若い方々にとっても大きなことと思います。
存じ上げませんが、とても残念に思いました。
合掌。

PageTop