ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こどもとおとな工芸の時間

100408k


始まりました。


100408m


100408a


鍛鉄の成田さん。
今回もフォルムが美しいです。。
たたいて作った鍛冶仕事でのもの。
そしてこのデリケートなフォルムを使いやすさと響かせているのには、
マイリマシタ。

100408b


ixyでうまく撮れずに残念。。
色合い、風合い、微妙なカタチ。
美しいフライパンや、フライ返し。
ご自宅使いはもちろん、気分を変えて屋外でも使ってみたいですね。

100408l


手紡ぎ、手織り綿の磯さんからは、ポシェットがいっぱい。
ストールやバッグもあります。

100408h


森さんからは、新作のモビールも。
ふわふわした再生紙の質感とゆらゆら揺れるモビール。
小さなお皿やおもちゃのようなペーパーウエイトも。

100408d


これは、「シュガーポット」と名づけられています。
ちいさな匙もついていて。。。
ほかに、ソースを入れて食卓になんて如何でしょう。
直火も大丈夫です。
ふたつきお鍋(お料理用)もあります。
あなたが子どもの頃から使っていたお鍋よ、これ。
って、お子さんが大きくなっても自慢したくなるように、「育って」くれますよ。

main100408


「住む」に掲載された中でもとくにお問い合わせが多かったのが、
ご案内状にも使った、白磁の片手鍋。
萩原千春さんの作。

お子さんが一歳のお誕生のときに、一生食べるに困らないように、と、
1升のお餅を担ぐ風習があるそうです。
この春、それを行った千春さんは、片手鍋があれば、いろいろな料理ができることから、
食べ物に限らず、工夫をすることによって、暮らしを豊かに出来るようにと、
この白磁の片手鍋を、お子さんの1歳のお誕生のために制作したのだそうです。
なんてすてきな贈り物。。。

ほかにもハチミツ色の両手マグもあります。
100408c


ほんの少しですが、始まりましたのお知らせでした。
布ものもいろいろありますので、あらためて。。。
つづく・・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。