FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

Aruyo

chiaa


鴨川。
先々週はたらふく、ふきのうとうの天ぷらを揚げたので、今回も摘みに言ったら、
時、すでに遅し。
まさに「とうがたって」いました。
でも、蕗になってくれてもおいしいものねぇ~。
まもなく、まもまく。
かわりに今日はミツバとセリを。

毒のないものと繊維が強いものでなければ、この季節多くの若葉は食せるのですね。
(でも、やっぱりミツバの独特の香りには勝てませんけれど。。)

↑の写真は、夕方の一瞬。
たまたまカメラを持っていたので。
萩原千春さんの柿釉のポットと猪口型のおゆのみ。
お番茶をいただきました。

千春さんといえば、明日発売の「住む」に作品写真が出ます。
「こどもに贈る」という企画。
川端健夫さんの作品とともに、ヒナタノオトでご協力させていただきました。
4月10日からは、おふたりの作品も交えて「こどもとおとな 工芸の時間」をこちらで開催します。

※長崎では千春さんの個展が始まりましたね。
3月20日(祝・木)~ 30日(月)
list:さん、です。

sumua


そして、そして、ついに。。。

::::::::::::::

本誌中、「収納新聞」という頁には、ホンマユミコが登場いたします。

そうそう!収納のカミサマ、ですから!


写真は、おもに、らふとの庭仕事の道具小屋。

なにしろ、生きるために収納をしているのか、
収納をするために、生きているのか!(失礼!!)というお方ですから。。。
わたしなんて、あれこれ片づけられすぎて、いつもあちらこちら探し回っているのです。。
な~んて茶化していますが、いつも大変お世話になっておりますです。はい。
(そして、これからもわたしの分まで収納よろしくお願いいたしまーす!!)

ちなみに、「○○ってある??」
って尋ねると、必ず
「あるよ」
と答える本間さん。
キムタクが出ていた「HERO」のバーテンダーの「あるよ」に匹敵いたします。
(そしてホンマさん、HEROを知りませんでしたけれど)

なので、最近は、ホンマユミコあらため、
ホンマアルヨ
に改名したもようです。

PageTop