ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

詩のような陶器

tomo1


萩原朋子さんの新作が届きました。

動物が花生けやふたものに小さく、、、留まっているかのように息づいているような作品。
ありそうでいて、なかった陶磁器の世界。
かわいい、、のですが、その一言で終わらない深さ。

それはきっと、朋子さんならではの心象世界がはっきりと深いことと、
その表現力が響きあっているからなのですね。
朋子さんワールド。
しっかり築かれたのですね。。



tomo2



tomo3


朋子さんの作品には、どれもすてきなタイトルがついています。
星の素描
空の郵便配達
古のあかり
海のレガート・・・

今回届いた作品・・。
思わず原稿用紙に万年筆で書きました。

tomo4


そんな中、
象の種入れ
カバの花入れ
という、そのまんまのタイトルがあるのも、
なんだか素朴でほほえましいです。

tomo5


カバさん。
おもわず、アップにしました。

あ、白磁のブローチもやってきました。
磁土をしっかり磨き上げた、美しい小さきものたち。。

tomo6

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。