ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

hyggeなじかん

日曜日はatatさんから
おにぎりポーチ、(中には、何が??)
101207aatat


豆皿、

101207at

ソープカードケース
が届きます。
「豆皿」は、ヒナタノオトでお茶の時に
コースターとしてお出ししているもの。
使うたびに、使い心地がうれしくって、
にんまり(あ、ほっこり、ですね)してしまいます。
ソープカードケースは、suicaを入れたまま使えるケース。
使用中の石鹸って、手になじんでいますよね。
その雰囲気を。
(フェルトって、そもそも石鹸使いますものね。)

08chik


本間由美子がとっても(ここ、強調してね、と言われました!)
気に入って、ヒナタでも自宅でも愛用しているのが、
佐藤千香子さんのリネンのクロス。
とっても上質のクロスでした。
使ってみて、実感。
そして、畳んで展示しているとお伝えしにくいのですが、
布の織り目と千香子さんの施した染めがなんとも美しく。
無地ではないことの意味がありますね~。
ちなみに、私も工房からの風の時に購入して、愛用しています。

高橋朝子さんのサンタさんは、あと一人。
来週定休日明けには、干支のネズミさんと共に、
もう一人やってきてくれる予定。
北海道から、サンタさん。

藤原みどりさんの椅子敷きは完売です。
一枚買われると、後日決まってもう一枚お求めいただきます。
使って、よかった、というもの。
みどりさんもヒナタノオトも、そういう工芸を目指しています。
・・・現在、椅子敷きのミニ版のポットマットとマフラーは、
もう少し店頭にあります。
尚、椅子敷き、追加をお願いしました。
一月後半になりますが、どうぞお楽しみに!

今日も、たくさんの方にいらしていただいて、ありがとうございました。
皆さん、作家さんの作品、手しごと、の存在を大切に思ってくださっていることが、
じわぁっと感じられて、本間とふたり、幸せな気持ちでおりました。
(こんな時、作者にも居てもらったら、きっと、作る原動力を
モリモリ蓄えてくれるのでは、、なんて思いました。)

hygge展。
「ほっこり、和み、くつろぐ時間を、今、ヒナタノオトで感じています。」
そんな風に言ってくださる方。
やってよかったなぁ。
もっとhyggeな空間にしたいなぁ、と。

工芸を暮らしに灯して。
今回のテーマにしましたが、きっと、ヒナタノオトのテーマですね。
これは。
作る人と使う人。
響きあうように。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。