FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

森友見子さんの再生紙

mori1

(石膏型ですね、この画像 by yumiko mori )

森友見子さんと知り合ったのは、まだ友見子さんが独身で、美大を出て間もない頃。
再生紙でのものつくりを探りだして、作品を発表し始めたころだったのですが、
軽やかにしなやか、けれども腰の据わったお仕事に触れて、
とても新鮮な気持ちになったことが、つい昨日のことのように思い出されます。

今、友見子さんは小学校1年生と4歳(だったかな?)のお子さんのお母さん。
出産や子育ての時も、ずっと作る暮らしから離れずにいたひとは、
その作品に生活を楽しむ味わいが加わったような気がします。

友見子さんの仕事はいわゆる工芸の範疇だけでも、
アートの範疇だけでもないような。
もっとも、ジャンルなんて後から名付けたものですものね。
素材の恵みを生かして、作る人の創造力を映したものづくり。
それは、まさにヒナタノオトでご紹介していきたいもの。
これからも、友見子さんの作っていくもの。
とても楽しみなのです。

さて、今回は、hyggeということで、ロウソクと本をモチーフにした作品を
新しく作ってくださって。
ほわほわの再生紙のレリーフ。
今もカップやスプーンのモチーフが人気ですが、あらたな展開楽しみです。
あ、モビールもやってきますよ!

mori2


:::


森友見子さんからのメッセージは、↓で!

一周年おめでとうございます。
私も伺う度に自分や家族へ、今日はどの作品を頂こうかしら
と毎回楽しみなお店なんです。

私の作品は紙ですから、毎日手にとって使い込むというより、
お部屋に飾りながら使って頂くと嬉しいです。
暮らしの中で気持ちにゆとりを与えてくれるような
健やかなもの作りをめざしています。

hyggeな時間を灯してくれるように本とキャンドルを
モチーフにしたレリーフを作ってみました。
子どもたちへの贈り物にモビールも出せるといいなと
思っています。                     森友見子

PageTop