ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ほっこり楽しんでくださる方々・・。

今回の「百展」で特に感じることは、お客様の熱があたたかいこと。。。
おひとり、おひとりに個性があって、それぞれにぴったりのポットやカップを連れて帰られるのですが、
どこか共通点があるのを日々感じています。

そのひとつが、「暮らしを楽しむ、いとおしむ」方であるということ。
当たり前のようですが、所有するだけではなくて、使うことの喜びを求めていらっしゃる方ばかりが来られる会って、
ありそうで、ないことのような気がします。

それって、どういうこと??
と思われる方も多いと思いますので、お許しをいただいて、少しご紹介させていただきます。

生活ノートさん。
遠方からお越しくださって、初めてお会いいたしました。
chikuchiku という個人ブランドをされていて、当日はその素敵なブラウスをお召しになって。。
(次回のweb販売を要チェックです!!あ、ライバルが増えるぞ。。)

布とお茶を巡る旅さんは、染色、そして中国茶を熱心にされる方。
お茶を深く愛好されるhuiziさん方にもお選びいただけて、私たちもとても嬉しいです。
他のエントリーにも、布好き、お茶好きな方にとっては垂涎のものが。。。

みどりの船さんは、絵本や絵本まわりのエントリーを中心に、やわらかな感性で綴られたblog。
初めてお会いいたしましたが、作品をご覧になる目が、優しい中にも
確かな芯のようなものを感じてしまいました。。
(これって、私的には、ホメコトバなのです。。)

新鮮空気さんは、先日のここのエントリーで藍の生葉染めで染めた生地をスカートに
仕立ててきてくださった若い女性。
設計のハードなお仕事とプライベートでのものづくりのどちらにも勤しむ方。
自分の年齢に満足しているので、日ごろあんまり若くなりたいって思わないのですが、
この方の好奇心と軽やかなしなやかさを思うと、若さを眩しく思うのです。。

・・・
ほかにも、千春さんのポットでほっこりした時間(そう、デンマークのhygge(フュゲ)ですね)
を過ごしてくださっている方が。。
ありがとうございます。

:::::

でも、、、
もちろん、これは個人としての感想ですから、皆さんに同じものではないと思います。
千春さんのポットがすべてではないし、好きな方、そうじゃない方もいて当然ですもの。。。

そんなつもりはないのですが、嬉しがりの私の文章が、はしゃいでいたり、押し付けがあったらいけませんね。
そのように受け取られたら、どうかお許しください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。