ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ブローチの季節へ

秋になったらぜひに開きたかったのです、
ブローチの展覧会。

ワンピース、セーター、ジャケットやコート。
これからの季節、胸元、襟元、、にブローチを留めて。
大好きなブローチと一緒に歩くだけで、うれしくなりますものね。


「絵を飾るように、装いにブローチを
 巡り来る秋冬を一緒に過ごすブローチ、探しませんか 」



170912a


世良順(せらすなお)さんの真鍮のブローチ。
立った!ので、その姿で撮影してみました。


170912c


茶のものは銅、輝きのあるものが真鍮、水色は木を色づけたもの。
小さなパーツと異国の文字を組み合わせたものも。
無地のセーターやワンピースが壁面のようになって、
まるで絵画を留めたようになるのが、世良さんの作品の持ち味のひとつです。



170912b

この横溢感(もりもりはみだしかん!)がすてき。
デザインの底に流れる気品が、遊び心も美しく響くのでしょうか。

そうでした、世良さんのブローチ、後ろに工夫がしてあって、
こうしてペンダントやチョーカーにもなるように作られているものも多いです。
ぜひ、ヒナタでご覧ください。


:::



170912f

きたのまりこさんからも、ブローチが。

白く輝く銀の表情と、
野の草花の一瞬の表情を永遠にとどめたような造形。


170912e

ちょっとピンボケでごめんなさい。
銀の表情がとてもきれいなのです。

イナガキもお気に入りのまりこさんのブローチがあって、
付けていると、いつも必ずほめて!いただきます。
さりげないのに、留めたときの存在感がすてきなのですね。
上品なほほえみ
まりこさんの『あくせさり』からは、こんな言葉が浮かびます。


170912d

このたてまっすぐラインも映えますね。
ほかに、ペンダント、ピアスもございますので、
合わせてご覧ください。


:::


初雪・ポッケさんからもブローチが届きました。



170912h


レースフラワー。

最初は雪の結晶かしら?と思いました。

「雪は天からの手紙である」

中谷宇吉郎博士のこの言葉は、初雪・ポッケという名前の由来のひとつでもあるので、
ふと、そんな気がしました。
(このあたりのストーリも、まもなく出る書籍につづりました)
いずれにしても、オトメな造形美しく。


170912i


黒檀と、鹿の角で作られた鍵。


黒の鍵には、「READ A RIDDLE」謎を解く
白の鍵には、「PEACE AND QUIET」静穏
の印が刻まれています。
素材の質感も、ぜひお手にとって味わってみてください。



170912l


TAMAGOのピンブローチ

コップをはじめ、さまざま幾何学模様が楽しげです。
技法的には、卵殻蒔絵(らんかくまきえ)ですね。
卵の殻と漆を使って作られています。

木工・漆の英雄さん、彫金の眞左子さん、おふたりの手の技術を使って作られた
楽しいけれど、大人の佇まいのある作品、たくさん届いています。

佐々木ひとみさんからも、キュートな作品がいろいろと。
こちらもあらためてご紹介させていただきますね!

この秋、冬も、よい時間を過ごしたいですね。
ほんとうに思います。
その佳き時間にともにあるブローチ、ぜひ出会いにお出かけくださいませ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。