ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本日の浮遊

ヒナタノオトのfacebook。
お蔭様で、いいね!を104人の方に押していただきました!!
ありがとうございます。

ちょど100人目のいいね!を押してくださった方に、何かプレゼントを!
とひそかに思っていたところ、その日は突然にやってきたのでした。

その100人目の方が、この方。

020612a

わお!
すごすぎます。
いったいどうやって撮ってるの?
しかも、どの写真も、飛んでるし。
本気度すごーい。
???
と、うれしくなるまでのハテナの写真。
そして、でも、なんだか深いところに響いてくるようなメッセージ性。

まずは百聞は一見に如かず。
ホームページの「よわよわカメラウーマン日記
ぜひ、ご覧になってみてください。

と、お伝えしようと思っていたら、5月26日の朝日新聞の夕刊で大きく記事が!

世界で話題なのですね。
そして、写真展も開かれるところだと。

林さんにブログでのご紹介をお許しいただいて、
このようなご案内も教えていただきました!

林ナツミ展 『本日の浮遊』
会期: 2012年6月16日(土)-7月16日(月・祝)
会場: MEM http://www.mem-inc.jp/
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
tel. 03-6459-3205
email: art@mem-inc.jp
会場地図: http://mem-inc.jp/about-mem/
open hours: 12:00-20:00 月曜休廊 ※7月16日(月・祝)は営業。


<関連企画>
林ナツミ写真集出版記念対談
ゲスト: 飯沢耕太郎
期日: 6月16日(土) 午後6時より
会費無料
会場: NADiff a/p/a/r/t (1階)
150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
*対談終了後、2階 MEMにてレセプションパーティを開催します。


なんだか、うれしくなって、皆さんにもご案内です。

ちなみに林さん、ヒナタノオトで作品もお選びくださっていたのですって。
ありがとうございます!
近頃新しい工房兼ギャラリーをオープンさせた、あの方!の作品。


そうそう、以下、林さんから教えていただいた写真展の内容を記しておきますね!
私もぜひぜひ行ってみたいです!

あ、ヒナタノオトのfacebook!
いいね!、まだの方、いいね!を、どうぞよろしくお願いいたします!

:::

(以下、林ナツミさんより)


内容
 林ナツミは、「よわよわカメラウーマン日記」という自身のブログで、
2011年元旦より、『本日の浮遊』というタイトルで
自分自身が空中に浮かんでいる写真を一日一カット
一年間継続して発表するプロジェクトを始めました。

その日彼女がいる場所で、何のトリックもなく、
その場でジャンプして撮影される写真です。
ナツミ独特の表情と相まって不思議な浮遊感覚と無重力感を醸し出しています。

ナツミはブログに加えツイッター(現在フォロワーが10,900名)と
フェイスブックで自分の活動を展開、
プロジェクトの主な舞台はインターネットです。

彼女のブログは立ち上げから数ヶ月を経て
台湾や中国をはじめアジア中に浮遊写真のブームを興し、
自ら浮遊写真を撮る人々が続出しました。
中国では「東京浮遊少女」という名前で紹介され、
瞬く間に各種メディアが取り上げました。

急速な経済的発展に伴う旧体制からの飛躍や、
高度資本主義社会への加速的移行を見せるアジア諸国の若い世代が、
ナツミの浮遊写真に新しいフロンティアへジャンプする
自分たちの未来を重ね合わせたのかもしれません。

ナツミのブログには、アジアのみならず、
ヨーロッパ、北米、南米、スカンジナビア、ロシア、
中東の人々からも多数のコメントが寄せられています。

欧米でも無数の個人のブログをはじめニューヨーク・タイムズ、
ウォール・ストリート・ジャーナルなどのメジャー紙までが、
彼女の活動を写真とともに紹介しました。

ナツミは、重力の存在は我々を束縛するくびきの象徴であり、
「私たちは皆重力の影響下にあると同様、
社会的なストレスに影響されています。ですから、
瞬間でも私の写真を見ることによって
現実のストレスからの解放を感じてもらえれば良いと思っています」
と、あるインタビューで語っています。
実際彼女は、空中に浮いている瞬間に重力から解放されていて、
その行為を日記として継続的に公開することで、
束縛からの解放についての強いヴィジュアルメッセージを発信しています。

本展は、ナツミがインターネットに加え、
物理的な展示会場に活動の場を展開する初めての試みです。
青幻舎から出版される初の写真集の出版記念展も兼ね、
林ナツミの初めての個展として開催されます。


参考情報:
林ナツミ写真集『本日の浮遊』6月下旬に青幻舎より刊行予定 B5版 144頁 2,310円(税込)
青幻舎HP: http://www.seigensha.com/
林ナツミHP「よわよわカメラウーマン日記」: http://yowayowacamera.com/

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。