ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Ohamaさんのバッグ

040212a

Ohamaさんと作品構成のお話しのとき、上質の革とOhamaさんの技術で、
「あれ」を作ってほしいなぁというものをお伝えしてみました。

「あれ」とは、以前出張で関西に行った時、ある私鉄に乗ったところ、
私立の幼稚園児たちがどっと乗ってきて、その子たちが何ともいいバッグを持っていたのでした。

上質な革の幼稚園バッグ。
あんまり素敵で、買って帰ろうか!と思ったほどでした。

そのイメージを詳しくお伝えして作ってくださったのがこちら。
さすがOhamaさん。
「あれ」のままではなく「これ」にしていました。
そう、私の話しの核心のみ抽出して、実際の形はオリジナル。
もし並べてみても、「あれ」と「これ」は違うものだけれど、
こうであったらいいなぁというものは、しっかり組み込まれていたのでした。


040212i


昨夏に作っていただいたポシェット☆
こちらも赤は新色。
こちらより少し容量があるけれど、小振りな愛らしい印象をもったままの
ショルダーバッグです。

カラーは現在こちらです。

040212b


040212c


:::

ショルダートートも新作です。

040212e


040212f


040212g


040212d


片側にはすべてこのようなポケット。


040212j


さて、なぜこんなに画像をアップしているかといいますと、
現品一色ずつなのです。
原則即売させていただいておりますので、現品のご用意がない場合は、
ご注文を承っております。
会期中も追加くださると思いますので、タイミングで出会っていただけると思いますが、
こちらで画像を残しておいて、ご注文の折にもわかりやすく。。
と思っております。


040212h


こちらのミニトートも、現品はブルーのみですが、革サンプルの中からお選びいただけます。
ツートーンやステッチのお色のカスタマイズもご希望を伺いますので、
ぜひ実物の風合い、印象をお確かめくださいませ。


+++

これらと同じ種類の革で作った作者10年使用のバッグも店頭でご覧いただけます。
(デザインはこのバッグの原型)
最初は「しっかり」した印象の革ですが、なんともしなやかに柔らかくなっていることか。
素材と技術の握手されたバッグです。

遊び心いっぱいのバッグも大好きですけれど、
まじめでながーくお付き合いしたいバッグもほしい。
女子の心はよくばりですね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。