ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

工房からの風

いよいよ今度の土日となりました、
工房からの風」。

こちらのホームページ内のブログ、
director's voiceも始まっています。


:::

今年は「工房からの風」の中で、被災地の方々への復興支援活動も行います。
「ぬくもりを届けよう。ニッケ+工房からの風から」
という企画です。

特設サイトがオープンしましたので、まずはお知らせいたしますね。
こちらです → 

サイト内にブログもありますが、まずは序章のようなものを1つ。
こちらは、工房からの風が終了して、
被災地へのお届けのあとの作品web上展覧会まで、しばらく続きますので、
ぜひご覧ください、いえ、ご参加くださいね!

どう参加すれば?
というのは、もっとわかりやすくあちらのブログでご紹介していきます。
こちらで先にご紹介しようと思いましたのは、
サンプル用に7人の方に作品を制作していただいたこと。
ヒナタノオトつながりでお願いできました。

赤いマフラーは、光の本で中国茶についての連載をしてくださった浅井恵子さん。
オレンジの帽子は、数々の編みもののご本も出されている鈴木朝子さん。
青いミトンは、工房からの風にも出展された那須早苗さん。
茶の編みぐるみは、工房からの風にも出展された古橋真理子さん。
水色のベルト兼ネックウエアは、のおるもおるの、まるやままいさん。
ピンクのケープは、chikuchikuとお洋服も作られる森本浩子さん。
ニッケのニット教室の先生も、茶でマフラーと帽子を編んでくださいました。
あらためてこの場からも御礼申し上げます!

これらの作品もあちらのブログで追ってご紹介させていただきますね。

このチャリティー企画。
毛糸を介してのもののほか、
作家の方々がチャリティーに提供くださった作品の販売もあります。
これらの売り上げ金の全額は、文化芸術での復興支援のファンドに託します。
皆さん、すてきな作品をお出しくださっていますので、
こちらもぜひよろしくお願いいたします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。