FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

祝・留守番終了

夫N氏から携帯メール。
今、名古屋。
アカスケによろしく!

ようやく戻ってきます。
20日間。
マンショントラック(以前ブログでちらりと触れましたが、
手作りトレーラー?居住型トラック?)で、山口県周防大島へ。
その後、別府、鹿児島を経由して、トカラ列島へ。
トカラでは、台風の影響で、中の島に缶詰だったもよう。


私もデンマークばかりに通うしつこさ!ですが、
N氏にはかないません。
40年以上、小さな島に心がつかまったまま人生を送っています。
(というと恋しているみたいですが、というより、
目と心を離せなくなって、気づいたら40年経っていたと言う感じでしょうか?)

つれあいの私にも、よくわからないことは多いのですが、
(わかった気になるのはつまらないので)
それでも最近、少しずつN氏が何を見ようとしているのか、
何をしようとしているのか、おぼろげながら感じられるようになってきました。


260911b

灘渡る古層の響き―平島放送速記録を読む

1974年、トカラ列島平島の島内放送。
それから37年経って、その放送から見えてきたもの。

これを書くのに、これだけ時間の経過が必要だったのですね。
身内ながら、読んでいてとても面白かったのです。
いつもの平易な文章ですが、一点を長く照らし続けたものだけが書けるものだなぁと。

こんなふうに読んでくださった方のコメントもありました。



「現在をそのまま記録しておけば、それが歴史になったときに自然に輝き、響く」

:::

あちらこちらで、よくしていただき、囲む会のような感じで、
舌好調?だった様子。
南日本新聞にもニタッとポートレイトが出ていました。

中国新聞では、書評も掲載くださったようです。



調子に乗って?神保町にある東京堂さんでは、トーク&サイン会!
(サ、サインって!)
平島の映写会もあるようなので、ご興味のある方はどうぞ。
10月8日(土)15:00~17:00(開場14:30)

と、アカスケと共に留守番疲れ気味ではありますが、
対象へのしつこさと、洞察のねちっこさと、破顔の能天気さは、
見習うべきこと多しのN氏。

まずはその前に留守番から解放されて、
工房からの風に向かってお仕事にまい進させていただきます!

PageTop