ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

菅原博之さんの木のカトラリー、生活具

290711l


菅原博之さんのカトラリー。
とても素敵です。
実際にお手元でぜひ見て、触れていただけたら。
作り手の丁寧な気持ちが、ほのほのと伝わってくるようですよ。


菅原さんのメッセージ

フォーク ・スプーン。
家族で毎日、朝、夜・・・使っています。
サラダやパスタにもいい具合です。

繊細なガラスや陶器の器に、金属のカトラリーだと気を使いますが、
木のカトラリーはその辺の相性はとてもいいです。

ですが、木だと厚くなりがちで、食べ物をすくう用量と同じぐらいの木の塊を
口に入れてるような感覚があり、とても違和感を感じていました。

僕の目指しているカトラリーは、その辺を意識して薄くできるところは薄く、
手に、口に馴染む感覚を想像しながら、彫り、削り、作っています。


なるほど、なるほど。。。
たかがスプーン、されどスプーン。
ほんとうによきこだわりで作られたカトラリーです。

290711m

この名前。

あとでたべようと

ん??

あとで食べ用途。
焼き菓子、ケーキ、パン等を常温で保存できる箱。
上面の蓋はガラスになっています。



290711o


いかにも、菅原さんらしいユニークなネーミング。
ですが、作品自体は、とても実用的。
画像は菅原さんから届いたものですが、ヒナタノオトでも撮ってみますね。

ほかにも、壁掛けになる花いれ、パン皿などがやってきました。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。