FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

海へ

あっっという間に、日付が進んでいます。。

ヒナタノオト・らふと・工房からの風・コゲ(猫)育て・鴨川・・・
の波の中で、日々いろいろなことが頭や心の中を巡っていきます。。

で、ほんものの波に、今年はまだ触れていないぞ!
ということで、夫N氏いわく、「おれっち浜」へ。

館山の某海岸なのですが、穴場なのです。
毎年、(もう10年以上!)欠かさず泳ぎに行っていたのですが、
今年は未だ。。。
お盆を過ぎると海月が出るのですが、まあ、とにかく、ということで行ってきました。

干潮を調べていたのに。。。。
わたくし、間違えて、満潮!でした。
水、冷た~い。。。。
と思いきや、そうでもなく、ほっ。
ふたり、貸切の浜でありました。

ざくざく泳いだのちは、水中眼鏡でお魚探索。
いつも最初に見つけるのは、ベラの仲間「キュウセン」。
横ストライプが目立つのですね。
石鯛?系の群れもひらひらひらひら。
鯵じゃないけれど、鯵みたいなお魚もいます、います。
熱帯魚のような黄色のチョウチョウウオにも、今年も会えました。
けっこう、いるのですよ。カラフルなお魚も。
(これらの熱帯魚は、死滅回遊魚という悲しい名前をもっていて。
黒潮に乗って北上するけれど、南に帰ることも出来ずに、
越冬もできないために子孫を残さず、ひと夏だけをこのあたりの
海で過ごすのだそうです。)

そして、、、今年の大遭遇は!!
うなぎ。
最初、にょろ~としたので、海○び??かと足が攣りそうになりましたが、
首の所におリボンが!
そう、鰻屋さんののれんの絵のままのリボン。
うなぎって、こんな身近な海にいるのですね~。
(あなご、かもしれないね~と教えてくださいました。
そうですね。。あなご、、食べるの大好きです。。。)


一昨年はエイに会って、緊張しましたが(毒があります)、
それとは違う緊張、そして喜びでした。

画像は撮れなかったのですが、房総海水魚採集備忘録というサイトが。
こちらで紹介されているお魚、かなり見られます。

ちなみに、浜からすぐの足の届く所なのです。
磯遊び、っていう感じです。

魚に会うと、なんでこんなに気分がいいのでしょうね。
無心、夢中になってしまいます。
私は採集はしませんから、ただ水の中で出会うだけ。
触れもせず、ただ、出会ったという一瞬のきらめきが心に残って。

夏の日の午後のひととき。

PageTop