ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ご一緒しませんか、藍の生葉染め

ただ今ヒナタノオトは、
萩原千春陶磁器展、夏のテーブル+レモンと空色、開催中です。
皆様のお越しをお待ちしております。


さてここからは、galleryらふとのワークショップのご案内です。

市川市のニッケコルトンプラザ、
ニッケ鎮守の杜・galleryらふとにて、
7月23日(土)藍の生葉染めワークショップを開催します。

ピクチャ 3

春に種まきをした藍は、いよいよ葉が茂ってきました。
梅雨が明けると、その生長は日ごとに目覚ましく、
今日もその生長に、庭人さんと一緒に驚きながらの庭仕事でした。

毎年夏にだけできる藍の生葉染め。
葉を摘んで、ミキサーでジュースを作り、布を浸して染め上げます。
生命力あふれる葉の緑に、爽やかな青色、フレッシュな葉っぱの匂い、
太陽の光を浴び、布を踊らせるそよ風を感じて...と、
様々な感覚にひびくワークショップです。

ピクチャ 4

染めるその時々によって、少しずつ色味の変わってくる植物染め。
だからでしょうか、私たちは毎夏、藍の生葉染めをしていますが、
染める度に新鮮な発見があります。
その発見を、ご一緒できましたらと思います。

染める布は、こちらでシルクの布をご用意いたします。
植物染めは、シルクやウールなどの動物性の繊維と相性が良い様です。
ミニストールとしてもお使いいただけますし、
手芸がお好きな方は、染めた布を使ってお裁縫も。

藍の観察、染色は、お子様の夏休みの自由研究にもおすすめです。
割り箸や、輪ゴム、大豆などを使って、絞り模様にもチャレンジしてみましょう。

お話タイムには、藍、コブナグサ、サクラなどを使って染めた、
様々な色の布もご覧いただけます。

ラベンダー、ミント、ひまわりなども花盛り。
夏の庭で、爽やかな青のひとときを過ごしませんか。

お申し込みは、らふとメールフォームより。
午後の部 14時~15時半のお席に、比較的余裕がございます。
皆様のお申し込みをお待ちしております!

うさ村でした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。