ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

季節が駆け足で巡っていきます。

実感するのは、鴨川に帰るたび。

実モノ。
今は、枇把、びわ、ビワ。
野びわ?のおいしさといったら、それはもう格別。
見た目はかないませんが、売っているものなど、食べられなくなりまする。


:::

そして、先週は梅とり。

200611b

私の部屋から裏側の梅の木。

200611c

階段の窓から屋根に上って、周囲を見渡す。
高い所好き。

屋根上から手を伸ばせる範囲で採ったあとは、脚立で木の上へ。


200611a



そばかすだらけの小梅なれど、まずは、第一ラウンド終了。
ありがとう、梅の木。


:::

その二週間前には、桑、くわ、クワ。
でした。

200611e


家の周りにも、実生の桑がいっぱい。


200611d


でも、この木は、特別。
ぷりぷりの桑の実。

地元のおじさんは、「いちごぐわだっぺよ」
と、教えてくれました。
なるほど、苺ほどの食べ応えです。

:::

そして、今宵。
雨のウッドデッキには、蛍。
迷い蛍でしょうか。

テンメツ、
・・・
   ・・・
      ウツクシク。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。