ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

卯の花

鴨川の家への往復には、緑豊かな山道も通ります。
早春のきぶしに始まり、黒文字、あけび、山桜、
やまぶきほろほろ、山法師もほろほろ、
泰山木やホウの木のたっぷりとした白い花に驚き、
車中から季節の移ろいを喜び、時に車を停めて深呼吸をしたりします。

今週は、卯の花。
空木、ですね。
茎のまん中が空洞なので、空木。
その白い花が、山々を撫でるように揺れていました。




卯の花の 匂う垣根に
時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて
しのび音もらす
夏は来ぬ

(佐佐木信綱作詞)

 
この季節、必ず口ずさむ歌。
私の子どもの頃は、カネボウ絹石鹸のコマーシャル!で歌われていたので、
よく覚えているのです。
(30歳のスタッフは知りませんでした!)

当時はその意味がほとんどわからなかったのですけれど、
今は、しみじみ美しい日本語だなぁと、言葉を味わって。

匂う、という単語も好きですし、
はやもきなきて、という音(おん)、調べも。
鳥の鳴き声を、しのび音(ね)もらす、
と感じる心の繊細さ。

ああ、日本語を味わえて幸せだなぁと思います。

:::

空木といえば、金沢で暮らしていた時、
この季節に、関東では見なかった鮭肉色の花を山でよく見かけました。

タニウツギ。
もう何年見ていないでしょう。
北陸の方、今年の谷空木もきれいに揺れているでしょうか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。