ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

風渡し籠

nao6kaku


稲垣尚友新作

真竹を六角目で編んだものに、底と足に煤竹を配しました。

茶碗めご(洗った器を伏せておく水切り)をご覧になる方で、
もっと小さいものを、というリクエストが多かったのです。
伺ってみると、器を伏せるのではなく、布ものを入れたり、
ちょっとした湿ったものを入れて乾かしたいと。。。

そこで、丈夫さよりも通風性を考えて六角目に。
煤竹は十分にスモークされたものなので、
湿気も切り立ての竹のようには吸わないということで。

元気な造形は隠しても作者の個性のようですが、
美しいものにあがっていると思います。

ほか、現在、ツヅラフジのたっぷり籠など制作中です。
(煤竹のお箸も久しぶりに入りました。)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。