ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

明日から小舟で

始まります、作品展。

kegoyaさんのアケビとクルミで編まれた籠。

今回は58点。
新しいかたちがいろいろ。
茜さん、楽しんで編まれたのでしょうね、きっと。
どれもが使う人の手や、使う人の空間のシーンが浮かんできそう。


(カーテンを閉めての設営風景。さっくり画像でごめんなさい。)

160411a


二面の窓辺。
こちらは南側。
西側も、こうしてずらりと、籠、かご、カゴ!


150411c

kegoyaさんは、初日の土曜日に在廊します。


:::


150401a


まるやままいさんの服は38点。
ミシン縫いにどれもが、運針ちくちくの手縫いが加わっているのが、
まいさんの服の特徴です。

春から夏に向かってのワンピ。
ブラウス、パンツ類がいろいろ。
麻のもの、コットンのもの。
フルーツカラーと生成りが印象的です。


そう、そう、
nål(のおる)は、デンマーク語で針。
mål(もおる)は、同じくデンマーク語で、先っぽ。
イナガキが提案して、まいさんと一緒に考えました。
タグは、うさ村さんの「ウサグラデザイン事務所」謹製!


針先のリズム感もたのしい洋服です。
(まるやままいさんは、バイオリン弾きでもあるのです)

まいさんは、最初の土日と在廊予定です。

雨の予報がはずれてくれますように。。。
では、春の盛りに向かっての展覧会、ぜひお出かけくださいませ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。