ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

kegoyaさんに義援金を託しました

日曜日まで店頭で託していただいた義援金、
本日柳沢悟さんへ送金しました。

以下、託してくださった方へのご報告です。

:::

今週分として157.220円もの大金を託していただきました。
先週の187.894円と合わせて、345.114円。
悟さん、茜さん、そしてヒナタノオトを信頼してくださってのことと、
おふたりと共に、その想いを深く胸にたたみました。

:::

おふたりとお電話でお話ししました。

まず先週は、軍手とホカロンをたくさん購入して配布くださったとのことです。
これらは必需品とのことでした。
また、食物繊維摂取のため、押し麦も購入して
炊き出しのごはんに加えてもらったとのことです。
ほか、今回のお金以外で、お仲間たちと芋煮の炊き出しを行ったそうです。

悟さんたちが思っていた以上にお金をお預かりしたので、
次回は下着とスリッパを購入して持っていく予定だそうです。
(避難所は土ぼこりが多く、実質土足状態とのことです。
スリッパも必需品とのことでした)

悟さんたちが行く避難所は石巻の学校で、当初は1300人が避難されていて、
現在は1000人ほどになったそうです。
食事は一日一回があたたかなもので、二回はおにぎりなど。
避難所から出た方も、避難所に向かえば食事は出るそうなのですが、
支給品が配られなくなるとのこと。

問題はそのことだそうで、家財などが不安で避難所から
自宅に戻る方が増え始めたのそうですが、
避難所から出てしまうと、支給品が配られなくなり、
しかし購入場所もないので、自宅に戻った方の物資が
より困窮しているとのことでした。
悟さんたちボランティアは、行政が目配りできない方々を
特にフォローしてくださっているようです。

:::

悟さんも茜さんも「こんなに託してくださって、ありがとうございます!」
と何度もおっしゃっていました。
いえいえ、私たちは伺えないけれど、
こうして実際に現場に行って動いてくださる
悟さんたちのお陰で、少しでもお役に立てるのなら、
そんなにありがたいことはありません、と、
おそらく託してくださった方々と同じ想いをお伝えしました。

パンとカフェ、そして浜町展の売り上げの一部にご協力くださった方の
個々のお名前はお伝えできませんでしたが、
義援金に託してくださった方々のお名前は、
kegoyaさんにお伝えしております。
おふたりからは、今、個々にお礼と報告ができずに申し訳ありません、
と言付かっております。
折々こうして報告をさせていただきたいと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。