ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

義援金の託し先について

昨日の一日カフェ+パンやさん。
ご来店いただきましたお客様ありがとうございました。
遠くから見守ってくださった方々ありがとうございます!

お蔭様でパン、完売いたしました。

270311a

さて、寄付先なのですが、もりのにわさんとも相談して、
kegoyaの熊谷茜さんと炭焼きの柳沢悟さんに託させていただくことといたしました。

おふたりは山形県小国町に暮らしていますが、
幸いひどい被害には遭われなかったので、
悟さんが震災後ボランティアで被災地をまわっています。
何度か様子をメールいただいて、現地の大変な様子や、
東北の方たちのなんともいえない思いやりにあふれた姿をうかがっていました。
ちょうど昨日の朝も、メールをいただいたところでした。
以下、少し抜粋いたしますね。

ここ最近、石巻の小学校へ仲間と炊き出し・生活支援に行っています。
 
一階部分が津波でむちゃくちゃなところに、
1200人が未だに、ストーブも無く、水道も無く、一日一食です。
津波に濡れて、土ぼこりの中、風呂もなしです。
もちろん着替えも無い中で暮らしています。
 
避難していない人も家は壊れ、ガソリンも無いため、買出しもできず、
避難所に水・薬品をもらいに来ているような有様(食糧はもらえません)。
それでも、まだここよりも悲惨なところがあるそうなのですが、、。

物資は各倉庫に来ているのですが、県も市も避難所の本部も混乱していて、
被災者に物が届いていない状態です。

そこで、、、、もし、周りでボランティアしたいような人がいましたら、
新潟辺りまで来てくれれば、避難所まで送ります。
誰か、そのような人を知っていましたら、ぜひお知らせください


::::

その後、電話でお話したところ、
とにかく様々なものが足りていないとのこと。
実は、ものは届いていても、それを配布するシステムと手がないのだと。

何か力になれないだろうか?
とお尋ねし、ご相談をしました。
その結果、お金を悟さんに託して、
一緒に動いていらっしゃる方たちの集めたお金と合わせて、
必要なものを購入してもらうことが、
今一番即効性のあることだと思いました。
幸い、小国町は新潟からの物資がまわるので、商品も購入しやすいとのこと。
現地と相談して、悟さんが責任をもって購入し、みずから被災者の方に
お渡しします!とのことです。

昨日のパンとカフェの売り上げと、浜町での売上金の一部を
それに充てさせていただきたいと思います。
(浜町では日本赤十字社と当初ブログに書きましたが、訂正させてください)

:::

そこで、提案です。

これは茜さん悟さんをよく知っていて、
信頼信用している私たちだからしようと思ったことなのですが、
同様に茜さん、悟さんと面識があったり、信頼を寄せられる方で、
(作家さんやファンの方など)
義援金を託したい方がいらっしゃいましたら、ヒナタノオトでお預かりして
一括してお届けします。
もちろん、個々でもよいかもしれませんが、お忙しいおふたりに、
事務処理や受け取り確認を含めたお礼状のことなどで、なるべく煩わせないように
私たちが代行させていただこうと思います。

義援金の送り先を迷っている方で、
確かな先で即効性のある使われ方を願う方がいらしたら
選択肢のひとつとして、ご検討ください。

:::

ただし、私たちもキャパを超えてしまっては無理が出てしまいますので、
店頭でのお預かりのみとさせてください。
今回のことは、あくまでも顔の知ったもの同士のやりとりとさせていただきたいと思います。

第一回目の期日は28日(月)まで、店頭でお預かりいたします。
29日(火)に柳沢悟さん、熊谷茜さんにお送りいたします。
翌週は日曜日に締めて、月曜日にお渡ししたいと思います。

悟さんからは、報告もいただきます。
また、翌週以降は、状況に応じて考えたいと思います。

長い文をお読みいただき、ありがとうございました!

そして、おふたりの日常は・・・

:::

茜さんは4月16日からのヒナタノオトでの作品展に向けて、
心と手のリズムを整えて、かご編みをしています。

悟さんも、当初は日々被災地を回っていたのですが、
行政やピースボートなどとの連携で、悟さんの日常にも戻るべく、
交代で被災地に向かうようになったとのことです。

悟さんのお仕事、炭焼きを再開されている、
と伺って、うれしいというか、ほっとしたというか、
うまくいえないのだけれど、
こうして復興に向けて実際汗水流して、手と足と心を動かしながら、
自分の道も歩き出している人がいることを、
ひとすじの希望に思えたのでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。