ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木の風合い

020311f


今回、このテーブルを新調しました。
作ってくださったのは、古橋治人さん。
木工作家の方ですが、鉄の溶接もなさいます。
古材と合わせてすっきりとしながらも、
静かで心和む家具を製作されています。

今回は鉄を乳白色とオリーブ色に塗ってくださいました。
時々カフェ?の時には、このテーブルで皆さん、ほっこりしてくださいね。


020311g


天板の表情。
杉ですね。


020311h


実はこの板、わが家にあったもの。
長持(ながもち)☆だった板を家人が保管していて、今回放出してくれました。
この画像は裏側ですが、長持だったときは表でした。
ベンガラが塗ってありましたから、テーブルのように頻繁に拭くものには適していないので、
裏側を天板にしていただきました。
古橋さん、すてきにしてくれて、ありがとう!!です。


020311o


古橋さんの作品で現在展示販売しているのは、右の茶匙。
業務用のガラス瓶と合わせた木の蓋の作品をリクエストしていますので、
届きましたら、あらためてご紹介いたしますね。

左のコーヒーメジャーは、ki-to-teの前田充さんの手によるもの。
粉で約10g、豆で約12g。
ヒナタノオトでも使っていますが、
コーヒーの油がだんだん染みていい風合いに育っていきます。


020311i


こちらのスツールも前田さんの作品。
昔ながらの素朴な木のスツールですが、私はこの前田さんのものがとても好きです。


020311k


角足と座面のバランス。
座面のふちの残し方。
天板のホリホリの跡。
スツールならではの持ち運びに適った、頃合いのよい重さ。


020311j


↑はチェリー
↓はブラックウォールナット


020311l


木の表情がいい感じ。
ずっとここに居てくれたような、懐かしさの漂う佇まい。


020311m

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。