ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雪は綴られて

雪の綴り

本日、無事終了させていただきました。
魔女さんたちが北に戻った最終日は、案の定、晴れ。
魔力、あっぱれ!でございました。

:::

ギャラリー・ショップ、としての浜町でのヒナタノオトは、
今日が最終日でした。

雪の綴りをお願いしました舞良雅子さんとは、
22年ほどのお付き合いとなります。
一つお姉さまの舞良さん。

お互いにさまざまな時間を生きてきた中で、
こうして続けてお仕事をご一緒させていただけること。
そして、お仕事の成熟に触れさせていただけること。
それは、ほんとうにありがたく、幸せなことなんですね。
(20年以上、淘汰されずに、
作り手として現役でヒットし続けるって、やっぱりすごい!)

舞良さんはHPもお持ちではないし、
制作の思いや背景をお伝えすることを
積極的にはなさっていないので、
ある意味、作品そのものの魅力だけ、そう直球勝負。
舞良さんがどんな方かを知らない方々から、
このように作品を求められることは、
作者にとって、ほんとうの力を感じてもらえたことなんだと思います。


また、針の森さんは、ご存じのように、
ヒナタノオトのスタッフを昨年までしてくれた方。
旧らふとのスタッフとして出会って10年以上が経ちました。

ここ、浜町の物件を見つけて、一緒に見てもらった
5年近く前のことが、つい昨日のことのように思えます。
↓5年前の画像発見!
(ところで、撮ったのは誰?とホンマユミコ。
だ、だれだ?フドウサンヤさん?)

140211a

時が進んでゆく中で、ひとりひとりの姿は変わっていくけれど、
お互いが進行形である中でつながってゆきたい、
今回のおふたりのお仕事と触れて、あらためて、そう思いました。

舞良さん、針の森さん。
来年も雪の季節に、魔力をもって、小舟町にやってきてくださいね。


舞良さんの新作は、22日オープンの新しいヒナタノオトに届きます。
針の森さんの新作は、4月中旬に到着予定です。
また、ブログでお知らせいたします!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。