ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

25.5cmの靴

サボ骨折から早11日が経過しました。

お陰さまで順調に回復に向かっています。
ほとんど母宅で過ごしていますが、コルトンに今日で3回出向きました。
初めの二回は松葉づえ。
でも、だんだん歩行になれてきたので、今日は母の杖を借りました。
(使用していませんが、用意がいい人なので既に持っているのです)
そして、25,5㎝の大きな靴を購入。
これを履くと、かなり楽です。

明日はかれこれ3週間ぶりくらいに、ヒナタノオトへ。
みどりさん、治人さんの搬入です。
タノシミ~。

なんだかうれしくって、興奮気味。
遠足の前の日状態。
何と言っても、好きなものだらけの場所ですから。
(それはそうだよね・笑)

:::
以下、サボ骨折の記録
骨折に関心のある方(そんな人いるのか?)は、よろしければ・・・

今回の私の骨折は、サボを履いていて、階段でこけたもの。
通称、下駄骨折、と呼ばれている「第5中足骨基部骨折」というものでした。

このサイト☆にある、Aのタイプでしたの、予後が良好なタイプでした。

病院で選択をせまられたのは、ギブスをするかしないか。
ギブスをすると、ガードになるのでこじらすことがない。
その代わり、取った後、周辺の筋肉も落ちているので、
リハビリがかなり必要。

ギブスをしないと、数日で筋肉の炎症が収まって、局部以外の痛みは退くので、
コツを覚えてゆっくりなら、足を付いて歩けるようになる。
周辺の筋肉も使っているので、リハビリも楽、とのこと。
但し、ガードがないので、要注意。

その時は、ただただ痛かったので、私には選択などできず。
先生のお薦めは??
と尋ねれば、ギブスをしない方でいいんじゃないか、と。

:::

今のところ、先生のお薦めは正解な感じです。
ほんとうにコツがわかって、地面についても痛くない歩き方、
自然にマスターできましたし。
あとは、おっちょこちょいをなくして、局部にダメージを与えないようにしないと、です。

そんなことで、コルトンまでなら、じゅうぶん車に乗れるようにもなり、
浜町までも、本八幡までタクシーを使えば、後は地下鉄に乗るだけなので
大丈夫そうです。

なんだか、頑張り屋で無理をする人みたいに思われて、
ご心配をいただいていてすみません。
ちっともそんなことはなく、ちゃんと養生しておりますので、
ご安心ください。
お見舞いのお便りやメール、店頭でスタッフに言づけていただいたメッセージ、
ほんとうにありがとうございます!
心の力になりました!
そんなことで、明日、そして土曜日日曜日は、無理なく、ヒナタノオトに向かいます!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。