ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一か月の辛抱です

221010aa


猫帖です。





:::

夫N氏。
「工房からの風」が終わるのを待ちかねたかのように、
18日(月)から、一か月の行脚へ。

南へ。

アカスケのお世話係として、せっせと鴨川に通うつもりでした。
いちおう、タイマー付き餌入れなんかも新調しながら。

:::

けれど、突如の松葉杖ライフ。
せめて左足なら運転できたものを・・・。

けっきょく夫N氏と相談の上、一度はあきらめた母宅にアカスケを。

今度はN氏が一緒だったせいか、前ほどは啼かず。
私のライティング机の下の空間がお気に入り。
お尻をまっ平らにつぶしながら、
なんとか入り込んでくつろいでおります。


221010ab


むーちゃんは、興味シンシン。


221010ac


アカスケは、興味ゼロゼロ。

一方的にむーちゃんがちょっかいを出しても、
アカスケ完全無視。
こんなことって、あり?
っていうくらいの、完全無視。
むーちゃんは、猫類ではないと思っているのか。
ぬいぐるみか?(にしては、動き過ぎ)


221010ad


あ、でも、ちょっと近づいた!


221010ae


ひゅーひゅー、2ショット。
むーちゃん、またしてものカメラ目線でうれしそう。
アカスケは、試合直後のボクサーのような腫れぼったい眼ですね、
カメラを向けるといつもそう。
実物は、ハンサムなのよ、ホント。
顔の大きさは、むーちゃんの二倍だけれど・・

:::

それにしても、この一カ月。
私が缶詰にでもならなければ、母がアカスケを預かるのは、無理だったなぁ。
概ねおとなしいにだけれど、突如絶叫!したり、腕力あるし。
骨折は、アカスケが企んだか?
否、N氏の陰謀か?

まあ、いっか。
一か月したら、N氏は帰り、アカスケは鴨川で自由の身、
私の小骨ちゃんはくっついている、
はず?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。