ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

立ち止まれ、ほとりを見よ

第八回「工房からの風 craft in action」。
お陰さまで無事終了しました。

こちらからのご案内でもたくさんのお客様にお出かけいただき、
ありがとうございました。
ヒナタノオトでいつもお目にかからせていただいている方に、
会場でお会いすると、するりと緊張がほどけて、うれしくなりました。


ヒナタノオトは火曜日までお休みをいただき、
水曜日から営業させていただきます。
新たな作品も加えて気持ち良く展開したいと思います。
ぜひ、ほっこり時間をお過ごしにお出かけくださいませ。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

:::

こちらのブログのエントリー☆に、ホンマとふたり、声をあげて笑いました。
私がホンマにいつも言っているのは、
「立ち止まろう、ともに周りをよくみよう」
だったはず。
いくらそう言っていても、ホンマには
「立ち止まるな、走り抜けろ」
と聞こえていたのですね!(笑)
さすが、午(うま)年。
しかし、この二人、ほんとうに同じ日本語で話しているのか?
22年の仕事のつきあいながら、まったく可笑しくなってきました。

そして、イナガキ、
「立ち止まれ、ほとりを見よ」
を、実践せざるをえない状況となっておりました。

:::

搬出を終えて、作家を送り出すひととき。
トキニワカフェで楽しんでいただいた、お茶と、中華ちまきをを、
作家とそのお手伝いくださったに方に、らふと前のデッキでふるまうのが、
毎回の恒例になっています。

それは、搬出車の連絡を警備員さんに伝えようと、
デッキの階段を小走りした時のこと。
ガクっと足をひねってしまったのでした。

痛っ!ちょっとくじいたかな~。
そう思いながら、デッキに戻って、
搬出を終えてひととき和みに寄ってくださる作家たちと談笑しながら、
いよいよ立てなくなってしまいました。

それでも何とか、皆さんを送り出し、
運営をとっても助けていただいたオブザーバーさんたちと
直後の反省会をレストランで行って、なんとか事務所に戻りました。
結局、ニッケの課長さんに車で母の家まで送ってもらうアリサマ・・・。


はい、見事、骨折しておりました。
下駄骨折、というそうです。
昔、下駄の時代によくあったという、小指列、足の甲のまんなかあたりの骨折。
サボでこけましたから、サボ骨折ですね。

あまりの情けなさ、不甲斐なさに、ほとほと凹みましたが、
お天気に恵まれ、たくさんの笑顔に恵まれた日の終わりだったことを、
幸いと思うことにしました。
(後片付けを、ほかのスタッフやヘルプの方々に負担をかけてしまって、
ほんとうに申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが)

「立ち止まれ、、ほとりを見よ」
松葉づえとなってしまい、しばらくは外出ができなくなった今、
もう観念するしかありません。
これを機に、ほんとうに立ち止まって、やり残していること、
これからやっていきたいことを、しみじみ深く考えてみようと思っています。
病を得た、という言い方がありますが、怪我を得た、と観じてみようと。

そんなことで、しばらく私自身はヒナタノオトに行けないのですが、
違う方法で、少しでも心たしかな仕事をしたいと思います。
こちらも、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。