ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新作到着

新作到着のご紹介です。

071010i


な、なに?こぎん??


071010h


レースみたい。
と、いえば、ペチコートです。
光の本でご紹介したものの、秋冬色。
制作は、もちろん、針の森さん。


071010f


全体像はこんな感じです。
今のシーズンならペチコートとして、こぎんをちらりと見せて、
春夏なら、スカートにして、レギンスと合わせたり。

ちなみに、ペチコートは、hyggeligのまるやままいさんが縫製しています。


ペチコートの画像にひとつ、あれ?これは?というものが。

071010e

横にスライドすると、こんな風です。

高見由香さんの布。
カシミアのマフラーです。


071010d

こんな感じや、


071010b


う、うまく色が出なくてごめんなさい。



071010j


こんな素敵な糸見本を作ってくださっています。

高見さん、多摩美で空間デザインを学ばれて、インテリアデザイナーとして、
バリバリ働いてきたひと。
ホームページを見てもセンスが素敵で、
ブログもユーモアがひそんでいてくすっと和めていい感じ。
ほんわり関西のやわらか~で穏やかな雰囲気と、
鋭敏なセンスと集中力のあるお仕事ぶり。
これから期待の織り手のひとりです。

さて、出品いただいたのは、マフラータイプと、
ループ状のもの。
今年流行のマフラーがスヌード(筒状のネックウォーマー)ですが、
それとはちょっと違って、二重のマフラーをひねって輪っかにしたものです。
巻き方で、ニュアンスの出し方を遊んでいただけるのでは。
今季、ナチュラルテイストのカラーの巻き物をお探しでしたら、
ぜひご覧いただければと思います。
(糸はカシミアそのままの色だけではなく、染めたものもあります)


071010n


TETOTEさんからは、秋の新作ポーチ。


071010o


桔梗、オミナエシが美しく優しい表情で刺繍されています。
いつも思うのですが、TETOTEさんのお花の刺繍って、
和のモチーフでも和になりすぎず、洋のモチーフでもしかり。
TETOTEさんならではの、今の空気感で綴られているのが素敵なのです。
刺し手の美輪さんのセンスに惹かれます。

071010W
(この画像、TETOTEさんからいただきました)

前回大好評だったハナミズキの木の葉ブローチ。
今回は、秋らしくカエデで。
これまた、立体感がなんともいい感じです。

071010m


TUTUも、革バージョンが。

071010l


ペンスタンドとしてやってきましたが、メガネスタンドにいいですね。
椅子張りの技術者の秀幸さんの腕が冴えています。
(↑の袋。微妙な丸みの底の作りが見事なのですが、秀幸さんのミシンの腕だそうです)


071010q


高橋朝子さんコーナー。
らふと、での展示でもたくさんご覧いただきましたが、
引き続き、ヒナタノオトで、これらの作品をご覧いただいております。
朝子さんの作品をまとまって見ていただく機会はあまりないので、
朝子さんファンの方も、興味を持たれた方も、この機会にぜひご覧ください。

最後に、相原清子さんから、耳付きミルクパンなど3点が急きょ入りました。
リクエストをいただいたものですが、しばらく相原さんの作品が、
入りにくくなるかもしれませんので(工房の関係で)、
ご希望のお客様は、この機会にぜひご覧くださいませ。

:::


071010z

こちらも久しぶりに登場の針の森さんのとうかんやポーチ。

でも、どこかで情報が漏れた?のか、偶然出会っていただけたのか、
すでに木曜の終業時であと二点となっております。

:::

それから、とうかんやポーチのキットはないでしょうか?
とお問い合わせをいただきました。
針の森さんとも御相談したのですが、わかりやすい説明書を作るのが
とうかんやポーチの場合、かなり難しく、申し訳ないのですが、
キットができそうにありません。

でも、光の本スペシャル、という感じで、何か、キットを検討いただくことにいたしました。
気長にお待ちいただけましたら。。幸いです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。