ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新連載

光の本
更新しました。

今回から連載が始まりました、相原録青さんの
「銅でもいい話」

230910b

連載につけたキャッチコピー


歩く。止まる。
作る。休む。
目の前にある風景が、
いつかの匂い、いつかの音色を呼び寄せる。


ものづくりの話、
ではなく、日常のありふれた風景から、
緑青さん独特の感じ方が綴られていきます。
こういう風に文章を書くのは初めて!
というのが信じられないほどのを書き手、発見です。

↑のプレートは、読者プレゼントですので、ぜひ、
銅でもいい質問(笑)にお答えください。

:::

230910a


「やがてうれしい中国茶」

美しい菊の染付碗を選んだ旅。
共に旅した友を偲んで綴られた一服のお茶。
今回浅井恵子さんがいれてくださったのは、プーアル茶です。


:::

狩野綾子さんの「こぎん刺しの森」は、
テコナとダンブリ。

テコナは蝶。
ダンブリはトンボ、ですって。

230910c

こんな素敵なペチコートも登場します。

では、秋の夜長にぜひページをめくってみてください。

光の本 → 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。