ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

十人十色vol.2

明日は通常営業をしておりますが、搬入も兼ねさせていただきます。
若干お見苦しい場面があるかもしれません。
お許しくださいませ。

vol.2には、ヒナタノオトでは、はじめましての作家の方も。
大谷桃子さんは、信楽で作陶される方。
夏の器にもふさわしい、緑の葉の描かれた器が届く予定。
私も蓮の楕円のお皿など愛用中。(今日も取り皿で使いました。)
バナナの葉のシリーズも届きます。

大野七実さんからは、雲のテーマで。
私からのリクエストは、今までの七実さんにはなかった、
白と青を感じさせる爽やかなものを。
雲以外の色合いも少し届くようなお話しでしたが。。。


川口敦子さんは、ジュエリー作家。
シルバーを中心に虹の色合いのペンダントヘッドのものなどが届くような・・・。

津田清和さんからは、きっと端正なガラスの作品が。
「眩」というお題は、津田さん的には難しかったようですが、
私は津田さんの作品から静かな眩しさや、
深く底光りするような眩しさを感じているのです。

針の森さんからは、こぎん刺しを 。
麻を二重にした丈夫なバッグがやってきます。
図書館バッグ!をイメージして、丈夫なものを。
取っ手にチクチクこぎんが施されていますから、
丈夫するいう本来の意味も生かされています。

尚、vol.1の作品も引き続きご案内しています。
7/21(土)から、いよいよ全員揃った十人十色。
ご来店をお待ちいたしております!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。